モチ麦

もち麦ダイエットを皆さんご存知でしょうか。

実は、その効果が凄いと非常に話題になっているんです。

もち麦ダイエットの凄い効果って?

まずはどんな効果があるのか、簡単にお伝えしましょう。

【もち麦ダイエットの凄い効果一覧】

  1. 豊富な食物繊維の整腸作用
  2. お米よりも低カロリーなカロリー削減効果
  3. βグルカンによるコレステロール吸着効果
  4. βグルカンによるインスリンの分泌抑止効果
  5. βグルカンによる免疫力向上効果
  6. 豊富なミネラルによる美肌効果
  7. ポリフェノールによるアンチエイジング効果
  8. 腸内環境が整うことによる新陳代謝の活性化

こんな効果があるといわれているんですよ。それぞれ、詳しく見ていきましょう。

①豊富な食物繊維の整腸作用

整腸作用

もち麦には豊富な食物繊維が含まれています。その量は白米の25倍だそうですよ。もち麦の場合は、水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維の両方が摂取できるといわれていて、非常にバランスの良い配分といわれています。どちらかに偏り過ぎても、あまり良くありませんからね。

食物繊維は、腸まで消化されずに届くことで、腸内の菌により発酵されます。この時に発生する「ガス」が、腸内の悪玉菌退治に効果的といわれているので、腸内環境を良くしてくれるんですね。

②お米よりも低カロリーでカロリー削減可能

お米

もち麦ダイエットの実施方法は後ほど説明しますが、お米と混ぜて食べることを推奨しています。お米よりも低カロリーなので、同じ量を食べても、カロリーを減らすことができるんですね。

もちろん、先ほどご紹介した食物繊維や、その他の栄養素もお米より豊富に含まれているので、お米を食べるよりも健康的なんですよ。

③βグルカンによるコレステロール吸着効果

コレステロール

βグルカンは聞きなれない栄養素かもしれませんが、実は食物繊維の一種でもち麦に非常に豊富に含まれている食物繊維です。その効果の一つに、コレステロールを吸着して排除してくれる効果があります。

この効果は、(公財)日本健康・栄養食品協会が正式に効果を認めているそうです。

(公財)日本健康・栄養食品協会が2012年に実施した「食品の機能性評価事業」で評価対象となった。その結果、ヒト介入試験で12報の報告があり、うち「効果あり」が9報、「判定保留」が1報、効果なしが2報であった。これを基にした同協会における審査により、大麦β-グルカンには、血中コレステロール正常化機能があると認められた。

出典:http://www.oh-mugi.com/

④βグルカンによるインスリンの分泌抑止効果

糖分

インスリンはホルモンの一種で、血糖をコントロールする役割を持っています。インスリンの働きにより、私たちの体は甘いものを欲したりしていることをご存知ですか?

甘いものには中毒症状があるという話は有名かもしれませんが、実はこれはインスリンの働きのせいです。甘いものを食べると一気に血糖値が上がるので、インスリンが血糖値を下げようとするのですが、今度は下げ過ぎてしまって、甘いものを要求する、なんていう悪循環を生んでいるんですよ。

参考:糖質摂取過多で太るメカニズム

つまり、インスリンが抑えられると、糖質の摂取が抑えやすくなるということです。

⑤βグルカンによる免疫力向上効果

免疫力向上

βグルカンには免疫力を高め、癌予防にも効果があるなんて言われています。明確に何故癌予防に効果があるのかまでは判明していないようですが、統計的には間違えないといわれているみたいですね。

β-グルカンの免疫力を高める働きによって、ガンを抑制する効果が期待されます。ガン発生の具体的なメカニズムはまだ解明されていませんが、たばこや食事などの要因から、細胞が突然ガン化することで引き起こされると考えられています。

出典:http://www.wakasanohimitsu.jp/

⑥豊富なミネラルによる美肌効果

美肌

もち麦はミネラルも豊富に含まれています。ミネラルは体内で生成することができない成分なので、補給することが非常に重要といわれていますね。

特に現代人の食事では、肉食に偏った食生活を送る人が多いため、ミネラルが不足しやすいといわれています。肌荒れの原因の一つはミネラル不足とも言われているので、うれしい効果ですね。

⑦ポリフェノールによるアンチエイジング効果

ポリフェノール

ポリフェノールといえば、ワインブームを思い出す人も多いのではないでしょうか。ワインがブームになったのは、ワインに含まれるポリフェノールの抗酸化作用でした。

抗酸化作用とは活性酸素という体を錆びつかせる原因物質を取り除いてくれる力のことでした。

ポリフェノールを摂取することで、体全体が若々しく保て、美肌効果や免疫力も向上するといわれていますね。

⑧腸内環境が整うことによる新陳代謝の活性化

新陳代謝

一番初めの整腸作用に関係する部分ですが、腸内環境が整うことで、新陳代謝にも良い影響を与えます。新陳代謝は、細胞のターンオーバーにも関係しているので、活性化されることで、美肌が期待できますね。

もち麦ダイエットのやり方

もち麦ダイエットのやり方

もち麦ダイエットのやり方は非常に簡単ですよ。

【もち麦ダイエットのやり方】

  • 白米:もち麦=7:3(5:5でもOK)
  • 白米分の水+もち麦×2倍の水で炊飯器にセット
  • 1日2食食べる

もち麦と白米を混ぜて炊くだけです。割合は7:3程度から始めてみて、味が気にならなければ5:5にしてみるなど、工夫してみるとよいかと思います。

水分量が少し注意が必要ですが、もち麦分の分量は水が2倍です。

例:白米3合+もち麦50g(7:3の分量です)
白米3号の水を入れる+100ml(50g×2)の水を入れて白米を炊きましょう!

もち麦レシピの口コミ

多くの人がもち麦気になっているようですね。2016年はもち麦ダイエット流行元年かもしれません。

レシピを公開している人もいますね。お味はどうだったのでしょうか。

コンビニでもブームに便乗しています。

まとめ

もち麦ダイエットの効果をまとめてきましたが、参考になったでしょうか。少し面倒だなと感じる方もいるかもしれませんが、効果があるのは間違えなさそうなので、是非取り入れてみてくださいね。

もっと簡単に痩せたないという人は、酵素ダイエットに挑戦してみるのもよいかもしれません。

実際に当編集部員も、正しい酵素ダイエットの知識を勉強して、酵素ダイエットに挑戦してもらったら、-6kg達成できました。

⇒3ヶ月で-6kg達成した正しい酵素ダイエットの方法!