プロテイン

酵素ドリンクとプロテインはどちらが痩せるのか、気になりますよね?

酵素ドリンクもプロテインダイエットもTVなどの影響から、どちらも人気のあるダイエット方法です。どんな特徴があって、どちらが痩せるのか、比較してみましょう。

酵素ドリンクとプロテイン・どちらが痩せる?

どちらが痩せるのか、最初に結論だけをお伝えしますが、より多くの人が痩せられるのは「酵素ドリンク」だと思います。酵素ドリンクのダイエットは、体の働きに合ったダイエット方法なので、万人に効果的だからですね。

参考:酵素ドリンクで痩せるメカニズム

もちろん、プロテインが痩せないといっているわけではありません。それぞれに特徴があるといえるからですね。

【それぞれの特徴】

  • 酵素ドリンク:体内の酵素の活性化で代謝を改善
  • プロテイン:筋力を増やし代謝を改善

それぞれが代謝を改善することを目的としていますが、アプローチ方法が違うんです。では、どんな特徴があるのか、それぞれ確認していきましょう。

①酵素ドリンク

酵素ドリンク

酵素ドリンクは体内の酵素の働きを活性化させる効果があると述べましたが、その理由はどんなものなのでしょうか。

そもそも、酵素ドリンクとは、野菜や果実を長期間熟成発酵させて作った飲み物です。

【熟成発酵させることのメリット】

  • 発酵により栄養が低分子化(分解)
  • 体に吸収されやすい状態の栄養を取れる

酵素ドリンクのメリットは吸収されやすい栄養を簡単に補給できるということですね。吸収されやすい栄養は、体内で消化の必要がない(少ない)ので、消化酵素を利用する必要がありません。

消化酵素を利用する必要がないことが、代謝酵素を活性化させることにつながる、と酵素栄養学では考えられているため、このことが体内の代謝を活発にすることにつながると考えられているというわけですね。

酵素ドリンクで痩せるためには?

痩せるために
酵素ドリンクで痩せるためには、酵素ドリンクをただ飲むだけではいけません。栄養補給に優れた飲み物、ではあるものの、それだけで痩せるわけではないからです。

【酵素ドリンクで痩せるポイント】

  • 1日の消化酵素消費量を抑えることで痩せる
  • 通常食+酵素ドリンクでは消化酵素消費量は変わらないので痩せない

先ほどお伝えした通り、酵素ドリンクは「消化に優しい」ことがメリットです。もっと詳しく言えば、消化に優しいのに栄養を補給できる、というのがメリットになりますね。

消化に優しいことで、体内の消化酵素を節約できる、と述べましたが、いつも通りの食事をとっていたら、消化酵素の消費量は変わりませんね。栄養補給量は増えますが肝心の消化酵素の消費量を減らせなければ、代謝酵素の活性化効果は生まれないんです。

そうなると、やはり1日の食事量を減らす方法をとるしかありません。置き換えダイエットやファスティングダイエットが酵素ダイエットで使われるのは、こんな理由があるんですね。

参考:酵素ダイエットの実践方法

②プロテイン

筋トレ

プロテインというと、一般的なイメージはどちらかといえば「筋トレ」ではないでしょうか。最近はやりのゴールドジムに通う、ムキムキさんたちが利用しているイメージが強いかもしれません。

もちろん、TVCMのイメージでもある通り「プロテインダイエット」なんて言うのも流行したので、ダイエットイメージもあるとは思いますが、何故痩せるのでしょうか。

【プロテインダイエットの特徴】

  • 置き換えによるカロリー削減効果が期待できる
  • 低カロリー・高タンパクで筋力量を効果的に増やせる

プロテインダイエットは、低カロリー・高タンパクで筋力量を増やせるのが特徴です。タンパク質は筋肉の原材料であり、筋力量はそのまま代謝向上に効果を発揮するので、痩せやすい体になるという理屈ですね。

プロテインで痩せるためには?

プロテインで痩せる

プロテインで痩せるには、カロリー摂取量を抑える置き換えダイエットを行う必要があります。プロテインはタンパク質の粉末であり、実は非常に高カロリーです。

タンパク質1g=4kcalなので、粉末に凝縮されているプロテインというのは、飲み過ぎると逆に太る可能性だってあるんですよ。

今現在、太っている場合、普通の食事量だけでもカロリーオーバーである、という可能性が高いのに、プロテインを飲んでカロリー摂取量を増やしてしまうと、逆に太ってしまうのは想像に難しくないですよね?

そのため、プロテインで痩せたかったら「置き換えダイエット」は必須です。さらに、ただ高タンパクのプロテインを取っているだけでは、プロテインダイエットの効果は最大限に発揮されません。

プロテインダイエットを成功させるには「筋トレ」も重要です。筋トレの効率を高めてくれるのがプロテインであり、筋トレ効率が上がれば、代謝改善効果もアップするので、効果的に痩せられるんですね。

プロテインダイエットは「高い負荷」の筋トレが効果的?

高負荷の筋トレ

プロテインダイエットの本質は、あくまでも「筋力量を向上させて代謝を上げる」ことです。そのため、筋トレが必要ということをお伝えしてきましたが、筋トレを行うと「ムキムキ」になってしまい、理想の体からはほど遠くなってしまう、と考えていませんか?

特に、高い負荷をかけるような「ダンベル」「ウェイト」「マシントレーニング」は、太い筋肉を作り出してしまうので、ダイエット向きではないと考えているかもしれませんね。

ただ、この考え方は誤っています。確かに、ダンベルやウェイトなどの高負荷をかけた筋トレだと、ムキムキになる方もいますが、それは「トレーニング量」が多すぎるからです。

一般的には、ダイエットの場合は「低負荷の筋トレを長時間行う」のが良い、とイメージされていますが、実は効率が良いのは「高負荷のトレーニングを低時間行う」ほうです。

【低負荷と高負荷の特徴】

  • 低負荷長時間トレーニング:カロリーも同時に消費できる
  • 高負荷低時間トレーニング:時間効率良く筋トレできる

効率面では高負荷の方が優りますが、低負荷トレーニングだと同時にカロリー消費も可能というメリットもありますね。ただ、あまりにも低負荷すぎると筋トレ効果は期待できないので、やるのであれば「高負荷筋トレ」+「有酸素運動」などの組み合わせの方が効果的といえます。

酵素ドリンクとプロテインを比較

それぞれの特徴をまとめてきましたが、簡単にどんな人にどちらが向くのか、まとめてみましょう。

【酵素ドリンクが向く人】

  • 手軽なダイエットを求めている人
  • 普段の食生活で野菜や果実の摂取が少ない人
  • 多少意志が弱い人

【プロテインが向く人】

  • 筋トレを継続して行える人
  • 筋力低下を改善したい人
  • 意志が強い人

簡単にいうと、酵素ドリンクの方が意志が弱くても継続しやすいと思います。プロテインの場合は、セットで筋トレを行う必要があり、筋トレを続ける意思がある人に向いている方法です。

筋トレの継続は、意外難易度が高いと思っています。過去何度も筋トレに挑戦しましたが、長く続いても2ヶ月・・・しかも成果出ないし・・・といった私の苦い経験もあるので、難易度が高いかなと思っています。

逆に酵素ドリンクは結構あっさり続けることができるので、多少意志が弱くても続けやすいですね。私もあっさり続けられ結果もついてきました。

参考:酵素ダイエットを3ヶ月続けた結果

まとめ

酵素ドリンクとプロテインを簡単に比較してきましたが、成功確率が高いのは酵素ドリンクかな、と思います。プロテインはダイエット中級者以上に向いている方法だと思うので、まずは酵素ドリンクから始めてみるとよいと思います。

参考:酵素ドリンクランキング