太る

ダイエットを実施しているはずなのに、太ってしまう、何でだろう?そんな経験ありますよね?

何で、ダイエットをしているのに太ってしまうのでしょうか。原因を探ってみましょう。

ダイエットをすればするほど太る原因は?

ダイエットをしているのに太ってしまうということは、ダイエット方法が間違っている可能性大ですね。じゃあ、どこが間違っているのか、を考えると、やはり基本的な太るメカニズムを理解しておかないといけないですね。

【太るメカニズム】

  • 消費カロリー<摂取カロリー:太る
  • 消費カロリー>摂取カロリー:痩せる

根本的な原理は、こうなっています。言われなくても分かっているよ、と思うかもしれませんが、あなたがダイエットしているはずなのに太ってしまっているのは、消費カロリー<摂取カロリーとなっている可能性が高いんですね。

そんなはずはない、と思うかもしれませんが、事実なので仕方ありません。

では、何故ダイエットしているのに、消費カロリーより摂取カロリーの方が多くなってしまっているのかというと、自分が1日に消費しているカロリーと摂取しているカロリーを把握していないから、かもしれません。

ダイエットがうまくいっていない方は、まずはカロリー計算から始めてみませんか?

1日の消費カロリーを知ろう

消費カロリー
では、まず1日にどれくらいのカロリーを消費しているのか、確認しておきましょう。人間は何もしなくても「基礎代謝」というものがあり、ある程度カロリーを消費しています。

厚生労働省から、基礎代謝の計算保方法が公開されています。以下の表の数値に自分の体重をかけたものが、あなたの基礎代謝となります。

【基礎代謝と体重の表】

年齢 男性 女性
12歳~14歳 31.0 29.6
15歳~17歳 27.0 25.3
18歳~29歳 24.0 23.6
30歳~49歳 22.3 21.7
50歳~69歳 21.5 20.7
70歳以上 21.5 20.7

【計算例】

体重:50kg
年齢:28歳 女性
基礎代謝:50kg×23.6=1153kcal

基礎代謝は分かりましたが、その他にも運動を行えばその分カロリーを消費します。逆に、ほとんど家から出ない、会社でも動くことがなければ、基礎代謝とほとんど変わらないくらいしか、カロリーを消費していないことになります。

じゃあ、運動はどれくらいのカロリーを消費するものなのでしょうか。

【運動のカロリーの目安】

  • ウォーキング:42kcal/1km
  • ジョギング:47kcal/1km
  • 自転車:25kcal/1km
  • ウォーキング:2.8kcal/1分
  • ジョギング:7.8kcal/1分
  • 自転車:6.3kcal/1分

ダイエットに有効といわれている運動の消費カロリーですが、改めてみてみると、それほど大きくはないな、と感じるのではないでしょうか。ダイエットの一環で、毎日ウォーキング1時間をしていたとすれば、168kcal(2.8kcal×60分)の消費ですね。

ちなみに、168kcalはおよそ「チョコレート6かけ(5g×6枚)分」くらいです。12個入りのダースを半分食べればウォーキング1時間分のカロリーは摂取出来てしまいます。

ウォーキングのカロリーと基礎代謝のカロリーを計算したので、これで1日の消費カロリーが何となく見てきますね。1日1時間のウォーキングをしていたとすれば、約1300kcalが1日の消費カロリーということになります。(20代女性の場合で計算)

もちろん、ウォーキング以外にも通勤や通学、家事などで動いているので、多少カロリーを消費していると思います。また、ウォーキングを1時間もしていない、運動系のダイエットをしていない、という場合は、人それぞれ消費カロリーは変わってくるので、あくまでも目安です。

1日の摂取カロリーを知ろう

摂取カロリー
1日の消費カロリーがおよそわかったのではないでしょうか。では今度は摂取カロリーを計算してみましょう。摂取カロリーが消費カロリーよりも少なければ、痩せていくはずです。

ただし、摂取カロリーの計算は食べる食事によって変わってきますし、人によって大きく変わるので、一概に計算しにくい部分です。代表的な食事の例で、カロリーを出してみますが、あなた自身の食事に当てはめて計算する必要があるので、参考程度にとらえてくださいね。

【朝食】

  • 白米(茶碗1杯):168kcal
  • 味噌汁:24kcal
  • 食パン1枚(6枚切り):166kcal
  • 目玉焼き:94kcal
  • おにぎり(1個):164kcal
  • サンドイッチ(コンビニ):290kcal

朝食はそれほど量を食べない、という人も多いかもしれませんね。

【昼食】

  • 炭火焼きしまほっけ定食(大戸屋):609kcal
  • 熟成豚ロースかつ定食(大戸屋):936kcal
  • 牛焼肉定食(吉野家・並盛):811kcal
  • うどん(100g):270kcal
  • そば(100g):274kcal
  • ミートソースパスタ(セブンイレブン):373kcal

昼食では定食を食べる人も多いのではないでしょうか。定食はかなりカロリーを摂取することになるので、要注意です。

【おやつ】

  • どらやき(100g):180kcal
  • アイス(100g):237kcal
  • ショートケーキ:300kcal
  • ティラミス(100g):275kcal
  • ゼリー(100g):79kcal
  • ドーナツ:212kcal
  • プリン(100g):160kcal
  • ヨーグルト(100g):109kcal
  • ポテトチップス(80g):445kcal
  • ビスケット(1枚):64kcal

おやつは、量が少なくても非常に高カロリーな場合が多いので、ついつい・・・ということも多いので注意です。

【夕食】

  • 炭火焼きしまほっけ定食(大戸屋):609kcal
  • 熟成豚ロースかつ定食(大戸屋):936kcal
  • 牛焼肉定食(吉野家・並盛):811kcal
  • うどん(100g):270kcal
  • そば(100g):274kcal
  • ミートソースパスタ(セブンイレブン):373kcal
  • ビール(100g):39.9kcal
  • 日本酒(100g):104kcal

夕食は昼食とは違い、アルコールも摂取する方が増えるのではないでしょうか。ビールも1本飲めば100kcalを簡単に超えてくるので、お酒の飲み過ぎが太る原因になっているかもしれません。

あなたの食生活に近い食事は見つかりましたか?1日2回定食を食べれば1500kcal程度は簡単に超えてきます。また、おやつは量が少ないから・・・といって食べていると、意外とカロリーを摂取しているかもしれません。

ダイエットしても太ってしまう原因は分かりましたか?

判明
消費カロリーと摂取カロリーを簡単にご紹介してきましたが、何が原因で消費カロリーより摂取カロリーが多くなってしまったか、分かりましたか?

おそらく原因は、カロリーを取り過ぎていたことですよね?

運動系のダイエットを行っていたとしても、そう簡単に何百kcalを消費することはできません。しかも毎日となれば、かなり大変ですからね。

そのため、痩せたいなら運動量を無理に増やすのではなく、食事から摂取するカロリーを数百kcal落としてあげるのが有効でしょう。

カロリーを落とすなら置き換えダイエットが簡単

じゃあ、具体的にどうやってカロリーを落としましょうか?簡単なのは、置き換えダイエットです。あなたが余分にカロリーを取っているな、と思う食事を低カロリーなものに置き換えてあげるのがポイントです。

【おやつをついつい食べてしまう】
おやつを食べるのはカロリーを取りたいのではなく、甘さが欲しくなる、という症状の一つでもあります。そんな方は、甘さもありながら低カロリーに抑えられる、置き換え食品がおすすめです。

ただし、低カロリー食品には人工甘味料が含まれている場合もあり、人工甘味料は体内の老廃物を作り出してしまうのでお勧めしにくいです。

【お酒が高カロリー】
お酒を飲む量が多くてカロリーが増えている、なんて方もいるかもしれませんね。そんな方は、お酒の量を減らしたいところですが、お酒も大事なストレス発散ツールです。

お酒でストレスを発散できている、という方は、お酒の量は減らしながらも、ちょっと強めのお酒を飲んでみてはいかがでしょうか。ビールではなく日本酒にしてみる、など、量を減らしながらもほろ酔いに慣れれば、痩せながらもストレス発散できるかもしれません。

【食事が意外と高カロリー】
食事全般が高カロリーだな、と感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方は、大胆にカロリーを落とすために置き換えるのもいいのですが、食事はストレス発散の役割を担っていることもあるんですね。

そのため、例えば夕食は今のまま好きなものを食べるけど、朝食を置き換えてみる、昼食の一部を置き換えてみる、なんていうのがいいかもしれません。夕食は、1日の最後の食事で、たまったストレスを発散してくれる効果もあるので、できるだけ好きなものを食べた方が、気持ちに余裕が生まれます。

参考:置き換えダイエットに有効な酵素ドリンクランキング