ダイエットテンション

ダイエットの最大の敵は、やる気が続かない、テンションが上がらない・・・これです。

誰でも最初はやる気があるものなのですが・・・そんなダイエットテンションを上げるためには、どうすればよいのでしょうか。

ダイエットテンションが上がらない2大要因

ダイエットテンションが上がらないのは、何故なのでしょうか。

【2大要因】

  • ダイエットが辛くて楽しくない
  • ダイエットの成果が出ないので面白くない

シンプルな理由ですが大きく、そして解決方法が難しい2つですね。とはいっても、やはりダイエットに成功するためには、これら2つをどうにかしなければなりません。どんな解決方法があるのでしょうか。

①ダイエットが辛くて楽しくない

楽しくない
ダイエットが辛くて楽しくないなら、反対にダイエットが楽で楽しくなればいい、という解決方法が真っ当ですね。

以上、終わり・・・

ではクレームの嵐です。

楽で楽しいダイエットが見つかれば苦労しないから困っているのですものね。ダイエット方法は、無数にありますが、何があなたをつまらなくさせているのでしょうか。

【辛くて楽しくない原因】

  • 食事制限が辛くて楽しくないのか?
  • 食事内容を変えておいしい好きなものを食べられないから楽しくないのか?
  • 運動が辛くて楽しくないのか?

いろいろな理由があるとは思いますが、やはり「楽しくない」と思える最大の理由があるはずです。その楽しくない部分を排除するしか方法はないんですね。

1.食事制限が辛くて楽しくない

食事制限
食事制限が辛いという方も多いかもしれません。例えば、効果的だといわれている置き換えダイエットは、人によっては楽にできるダイエットかもしれませんが、あなたにとっては、置き換えるとお腹が減りストレスになっているかもしれません。

置き換えダイエットが辛くて、ストレスになるなら、置き換えダイエットはやめてしまいましょう。ストレスがかかれば、ダイエットテンションが上がらないだけでなく、健康被害が出る可能性もあります。

食事制限が辛い人はやめてどんなダイエットをすればよい?

置き換えダイエットを辞めろというけど、じゃあ、他にどんなダイエット方法がいいのでしょうか?一番簡単な答えは運動をすること、ですが、置き換えダイエットを選択しているということは、運動が嫌いなのではないでしょうか?

そんな方は、置き換えダイエットではなく、食事のタイミングと消化を改善するダイエット方法に挑戦してみてはいかがでしょう?

【食事のタイミング・消化の改善】

  • 20時以降の食事を控える
  • 食前に生野菜や果実を取り酵素を補給する

有名な話なのでご存知の方も多いかもしれませんが、20時以降の食事は太る原因です。こんな人体の生体リズムを知っていますか?

酵素の人体リズム

20時以降は栄養吸収や代謝の時間帯で、栄養補給の時間帯ではないんです。また、20時以降に食事をとってしまうと、胃の中に食事が消化しきれずに残ってしまい、睡眠を妨げたり、消化不良で老廃物や毒素を作り出す原因となってしまいます。

あとは、食事の前に生野菜や果実を食べるのも有効な方法ですね。ベジファーストやローフードの考え方に似ていますが、生野菜や果実には「食物酵素」が多く含まれているので、体内の消化を助けてくれる働きがあります。

食物酵素の働き

消化活動を助けてあげると、体内のデトックス効果が高くなるといわれているので、血行が良くなったり代謝が良くなったりと、非常に良い効果が期待できるんです。

野菜や果実を取るのが難しいな、という方は「サプリ」とかで、酵素補補給してあげるのも有効ですね。食前に酵素サプリを飲むと、消化を助けてくれる効果がありますし、サプリを一つ飲むくらいならストレスにもならないと思います。

参考:生酵素サプリランキング

2.食事内容を変えておいしい好きなものを食べられないから楽しくない

食事内容が質素
食事制限ではなく、食事内容を変えてダイエットに取り組んでいる場合ですね。代表的なのが、炭水化物抜きダイエット・糖質制限ダイエットです。確かに炭水化物や糖質を抜くことで痩せやすいですし、比較的結果の出やすいダイエット方法ですが、やっぱり食事は好きなものを食べたい!これが真実ですよね?

人間の体は不思議なもので、結構食事によってストレスを解消しているんです。好きなものを我慢するストレスは、実はかなりのもので、私自身も好きなものを我慢するダイエット方法はつらくてつらくて、続けられないし、イライラした経験を持っています。

先ほども述べましたが、やっぱりストレスがたまるダイエット方法は良くありません。好きなものを食べてダイエットをしましょう!

好きなものを食べながらダイエットってできる?

完全に好きなものだけを食べてダイエットするのは確かに難しいかもしれませんが、少なくても「ストレス発散につながる食事」は我慢することを辞めた方がいいと思います。

ストレス発散につながる食事は人それぞれだと思いますが、私のお勧めは「夕食に好きなものを食べる」です。

夕食は1日の終わりの食事なので、その日一日の疲れを吹っ飛ばす効果があると思うからですね。夕食が豪華だと、1日のストレスが無くなった気がしませんか?

では、夕食に好きなものを食べるとして、どんなことに気をつければダイエットができるのでしょうか。

【食事のタイミング・消化の改善】

  • できるだけ20時以降の食事を控える
  • 食前に生野菜や果実を取り酵素を補給する
  • おやつを我慢する
  • 朝食を控えめにしたり置き換えたりする

前半2つは先ほどと同じで、夕食の時間や消化補助をしてあげると、好きなものを食べてもダイエットを推進することができます。

加えて、夕食に好きなものを食べれるなら、ダイエットテンションが維持できそう、というあなたは、おやつを我慢したり朝食を置き換えたりするのも有効かもしれません。

夕食の楽しみは維持しながらも、1日のトータルカロリーを抑えることで、痩せていこう、という考え方になりますね。おやつや朝食の置き換えなら、酵素ドリンクだと栄養補給もできるのでお勧めです。

参考:酵素ドリンクランキング

3.運動が辛くて楽しくないのか?

運動が辛い
運動で痩せるダイエットを選択している方は、食事を変えること・食事制限を行うダイエットはリバウンドしやすいということを気にしているのではないでしょうか。

ただ、楽しくなくてダイエットテンションが上がらないのであれば、食事改善・食制限によるダイエットに切り替えるべきです。確かに運動によるダイエットは、痩せることに成功した場合、リバウンドの可能性が低いといわれていますが、そもそも成功しないと意味がないですからね。

食事制限・食改善で痩せてもリバウンドしたくない

運動を選択した理由がリバウンドを心配して・・・なら、リバウンドしにくい食事改善ダイエット方法を行いましょう。では、何故食制限ダイエットだとリバウンドしやすいといわれているのでしょうか。

【食制限でリバウンドする理由】

  • 栄養が不足し筋肉が衰える
  • 筋力が衰え代謝も落ちるので食事量が戻ると太る

食事制限ダイエットの場合、単純にカロリーや糖質を減らすだけで、代謝改善を考えられていない場合がほとんどです。食事制限ダイエットで痩せる理由は、摂取エネルギー(カロリー)を減らすことでエネルギー不足を起こし、体の中の組織をエネルギーとして使う(燃やす)ことで痩せるんですね。

ただ、誤った方法で実施すると、単純に筋肉からエネルギーを作り出してしまい、脂肪を燃やすことはありません。なぜなら、脂肪は緊急用のエネルギー貯蔵用として蓄えられているものなので、そう簡単には手放してくれないからなんです。

そのため、食事改善・制限で痩せたければ筋力や代謝の悪化を防ぎながら、徐々に代謝を良くしていくダイエット方法で行う必要があります。どうすればよいかというと、豊富な栄養を消化に負担をかけない方法で摂取するのが効果的といわれていますね。これが酵素ダイエットの考え方です。

参考:酵素ダイエットで痩せるメカニズム

②ダイエットの成果が出ないので面白くない

成果が出ない
成果がすぐに出ないと人間のモチベーションは下がります。もちろん、ダイエットは基本的には長期戦で、すぐに痩せるということは稀なのですが、それでもすぐにダイエット効果を実感したいですよね。

あなたが今、どんな方法でダイエットをしているかわかりませんが、もしも成果をすぐにでも出したいなら、酵素断食(ファスティング)を行ってみるのはいかがでしょうか。

【酵素断食(ファスティング)のメリット】

  • 最短3日(準備・回復含む)から行えるので、すぐに効果を実感できる
  • 断食を行うと直後に体重が減るのが分かる
  • 体内をデトックスできるため健康・美容効果も期待できる

酵素断食を行えば、最短3日間のプランで2kg程度の体重減少を実感することもできるかもしれません。もちろん、断食自体はつらいものですし、減った体重を維持するためには、定期的な断食や食生活の改善も行う必要がありますが、すぐに成果が出ることで、ダイエットテンションが上がる可能性は大いにあります。

普段は、他のダイエット方法を行い、月に1回だけ酵素断食に挑戦して、痩せる感覚を体感する、なんて使い方もよいかもしれませんね。

とはいえ、酵素断食は正しい方法を学んでから行わないと、非常に危険です。準備期間と回復期間が大切ですし、最短3日間と入ったもののできれば準備と回復を含め1週間程度の期間は設けたいところですね。詳しい実践方法は以下を見てみてくださいね。

参考:酵素断食の正しい実践方法