失敗する

酵素ダイエットを行うなら、やるには成功したいですよね?

ダイエットって実は失敗する人が本当に多くて、一説だと9割以上の人が失敗している、なんて言われています。では、何故失敗してしまうのでしょうか。

酵素ダイエットに失敗する人の生活習慣

どんな生活習慣だと失敗してしまうのか、まずはまとめてみましょう。

【酵素ダイエットに失敗する人の生活習慣】

  • すぐに痩せたいと考えている
  • 大幅に痩せたいと考えている
  • キツイ方法を避けている
  • 食べ物のカロリーを見てみぬふり
  • 遅寝・遅起き
  • 姿勢が悪い
  • 水分補給が少ない
  • コンビニについつい寄ってしまう
  • お風呂はすぐに出る

では、それぞれどんな悪影響があるのか、詳しく確認していきましょう。

参考:酵素ダイエットで成功する方法・痩せるメカニズム

①すぐに痩せたいと考えている

すぐに痩せる

酵素ダイエットに取り組む以上、もちろんすぐに痩せたいと考えるのは悪いことではありません。ただ、現実はそんなに甘くなくて、酵素ダイエットに取り組んでもすぐに痩せられるわけではないんですよね。

酵素ダイエットの方法の一つのファスティングダイエットは比較的早めの結果を出すことができる方法です。断食を行うので、断食してすぐに体重を測ると、目に見えて体重が減っています。

ですが、断食を行って即終了というわけではないんです。

何度も定期的に断食を行わなければ、元の体重に戻ってしまいます。断食の効果は、体の浄化ですが、一回浄化した程度では、体の体質は変わりません。

なので、何度も繰り返し行わないと痩せ体質にはなれないんですよ。

②大幅に痩せたいと考えている

急激に痩せる

ダイエット目標をいきなり10kgなどの大量減量にしてしまうと、失敗しやすくなってしまいます。高すぎる目標は、諦めの原因になってしまうからですね。

1ヶ月で10kg痩せる、と意気込んで初めて見たものの、実際にダイエットに取り組んでみると、2kgしか痩せなかった、となると、あなたのモチベーションはどうなりますか?

目標に全然届かなかったことから、やる気がなくなってしまうのではないでしょうか?

人間のやる気って、そんなに簡単に保てません。

そんなやる気を維持するためには、大きな目標よりも「小さな目標を一つ一つクリアしていく」方が、簡単なんですよ。目標をクリアした喜びを得て、次の目標を作る方が、よっぽどストレスもかからず続けやすいんです。

勉強でも同じですが、いつも20点しか取れない人がいきなり100点は目指しませんよね?もっと小さな30点・40点をクリアすることから始めます。

あなたのダイエット目標は過剰になっていませんか?小さなことからクリアしていきましょう。

③キツイ方法を避けている

きついことから逃げる

ダイエットはとてもつらいものです。辛いものの中でも、酵素ダイエットは比較的簡単に取り組めると思います。

ただ、いつもキツイ方法を避けていませんか?

やはり、どこかでキツイ方法を選択しないと、ダイエット効果がなかなか出てこないでしょう。

【避けていること】

  • 朝食を置き換えたが実はおやつを食べている
  • 置き換えているけど別の食事でいつもより多く食べてしまっている
  • 断食を行うつもりだったがお腹が減ったのでご飯を少し食べてしまった
  • 断食を2日するつもりだったが辛かったので1日にしてしまった

実はつらいことを避けていて、どこかで辛さをカバーしてしまっているのではないでしょうか。もちろん、辛いことをやり続けて、ストレスを溜めてしまうことはよくないですが、あまりに楽し過ぎると失敗してしまいます。

④食べ物のカロリーを見てみぬふり

食べ物のカロリー

ダイエットと深い関係のあるのがカロリーです。酵素ダイエットを実践しているなら、食事のカロリーも気にするべきところです。

とはいえ、酵素ドリンクを飲んでいるのだから、多少食べても問題なかな、なんて考えてカロリーを気にしない生活をしていませんか?

例えば、置き換えダイエットをしていても、1日の総摂取カロリーが置き換え前より増えていれば、酵素ダイエットの効果は半減してしまいます。

  • 今日は仕事を頑張ったから特別なご褒美
  • 今日は怒られてストレスが溜まったから特別に甘いものを食べよう
  • 今日は久々の女子会だから羽を伸ばして食べよう
  • 今日は歓送迎会だからたまには思いっきり飲んで食べよう

こんな、何かしらの「特別」が当てはまって、結局総カロリーは増えている、なんてことは「あるある」です。数えてみると特別じゃない日の方が少なくなっている、なんてこともありますからね。

⑤遅寝・遅起き

夜更かし

夜遅い時間に寝て、起きるのが遅い、もしくはそのどちらか片方に当てはまっている、なんて人も多いのではないでしょうか。

生活習慣が不規則な人ほど太りやすいという話は聞いたことがあると思いますが、特に危険なのが夜遅い時間まで起きていること、そしてそれに伴って、夜遅い時間にご飯を食べてしまうことです。

酵素の人体リズム

こちらの図は、人体の生体リズムを表した図ですが、夜20時以降は吸収と代謝の時間になっていますね。この時間帯は、食事による栄養補給を欲していない時間帯で、ご飯を食べても栄養吸収しにくい傾向にあります。

また、代謝というのは寝ているときが最も活発に行われていて、睡眠中に出る成長ホルモンも代謝を手助けする一因となっていますが、睡眠時間が遅いと成長ホルモンは分泌されにくくなり、必然的に代謝も悪くなってしまいます。

睡眠のゴールデンタイムは夜中の2時くらいといわれていますが、夜中の2時に寝ていればいいというわけではなく、熟睡している必要があります。熟睡するためには、少なくても夜23時くらいには寝ている必要があるので、寝るのが遅いとそれだけ太りやすくなってしまうんですね。

⑥姿勢が悪い

姿勢が悪い

姿勢が悪い人は太りやすいというのをご存知でしょうか。特に現代はスマホの見過ぎなどで、姿勢が悪くなりやすく、姿勢が良い方というのは本当に少なくなっていますね。

姿勢が悪いことで、骨盤がゆがんでしまう可能性があるのは、何となくご存知だと思いますが、骨盤がゆがんだ影響から内臓の位置が下がってしまうということが起きています。

内臓の位置が下がってしまうと、内臓機能が低下して脂肪の燃焼や代謝機能が悪化するため、実は太りやすくなってしまっているんですね。

⑦水分補給が少ない

水分補給

水分補給も実はダイエットに有効なことです。水ダイエットなんて方法もあるくらいですからね。

水をたくさん飲むことで、尿や汗などから老廃物が出やすくなると考えれれていて、老廃物が体内からなくなると、血行が良くなったり、代謝が改善すると考えられています。

水分補給をすることで、排便もスムーズになるため、体の中から悪いものを簡単に出せるようになるんですね。いわゆる、デトックス効果というやつです。

とはいえ、水をがぶ飲みすればいいというわけではありません。水をがぶ飲みすると、体を冷やす原因にもなるので、水分補給は細目に行うことが大切です。だいたい目安位は2ℓくらいですね。

⑧コンビニについつい寄ってしまう

コンビニ

コンビニには最新商品が並んでいたり、既設の商品が並んでいたり、行くだけでも楽しくなってしまうところですよね。楽しいからついつい寄りたくなってしまいますし、寄ったらよったでついつい商品を手に取って・・・

そうなんです。コンビニによると、ついつい余計なものを手にしてしまいます。

もちろん、必要なものを買いにコンビニに行くことも多いと思うのですが、そんな時でも余計なものまで買ってしまう、そんな経験はありますよね?

コンビニは便利なのでついつい寄ってしまいますが、そもそもコンビニで何かを揃える、という習慣がダイエットの敵といえそうです。必要なものは、スーパーなどでちゃんと事前に購入しておく、そんな生活習慣がダイエットにもつながります。

⑨お風呂はすぐに出る

お風呂

お風呂は面倒なので、すぐに出てしまう、もしくはシャワーにしてしまう、こんな生活送っていませんか?

お風呂にゆっくり使ることで、体が温まるので、血行が良くなり自然と代謝もよくなります。

特に冬場は体が冷えやすく血行不良にもなりやすいので、お風呂にゆっくりと10分程度浸かり、体をしっかりと温めてあげるのが重要です。熱すぎるお湯ではなく39℃~40℃程度のお湯で、ゆっくり使ってあげましょう。

余裕がある方は、半身浴などでしっかりと体の芯から温めるのも有効ですよ。上戸彩さんなどは、休日はお風呂に浸かり続けて、体をリフレッシュ&健康にしているそうですしね。

まとめ

酵素ダイエットに失敗する生活習慣についてまとめてきましたが、酵素ダイエットに限らず、太りやすい行動をしている人がダイエットに失敗しやすい人です。ここで上げた9つの例は、いずれも太りやすい生活習慣なので、一つでも当てはまった方は、注意が必要ですね。