続けるのが辛い

ダイエットして痩せたいけど、続けるのが辛くてやめたくなる、そんな経験は誰しもあることです。でも、痩せるにはここを乗り越えなければなりません。

では、どうすれば乗り越えることができるのでしょうか。

ダイエットが辛い原因は?

ダイエットが辛いのを乗り越えるには、やっぱり「何故辛いのか」を考えなければいけませんね。

【原因】

  • 運動が辛くて続けられない
  • 好きなものを食べられなくて辛い
  • 成果が思うように出なくて辛い

大きく分けると、こんな原因・壁にぶつかっているのではないでしょうか?ダイエット自体・運動や食事制限が辛くてやめたい、成果が出なくて辞めたくなってしまう、これは仕方のないことですね。

でも、仕方ないといっていては、痩せることはできません。どうすれば、克服できるのでしょうか。

①運動が辛くて続けられない

運動

ダイエットに効果的な運動といえば、やはり定番なのが有酸素運動です。

【有酸素運動】

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 自転車
  • 水泳

有酸素運動にはいろいろなものがありますが、大きな負荷をかけるのではなく、ゆっくりと運動を行うものです。その他にも、女性に人気のダイエットといえば、ヨガやピラティスなどのスローストレッチ系運動もありますね。

ただ、これらの運動も日々積み重ねていき、カロリーを大きく消費しなければ痩せることはできません。実は思ったよりもカロリー消費量は少なくて、代表的なウォーキングだと1時間で約160kcal程度の消費にしかならないんですね。

そのため、ダイエット効果の即効性が低く、長い期間続けていく必要があります。長く続けていると、やっぱり段々と辛くて楽しくない、と思ってきてしまうんですよね。

運動が辛くて楽しくないならどうすれば良い?

では、運動系のダイエットが辛くて楽しくないのなら、どうすればよいのでしょうか。答えは、簡単で運動を辞めてしまう・もしくは減らしてしまうのが良いのではないでしょうか。

もちろん、折角続けてきた運動なので、やめてしまうのは勿体ないと思うかもしれません。運動系のダイエットの効果は、すぐには体に表れなくても、地道に効果を発揮している(体作りをしている)ので、できればつづけた方がいいのは間違えありません。

ただ、いくら体に良いからといって、無理して続けていると、体はストレスを感じてしまい、ダイエット効果が薄れますし、健康被害を生む可能性も0ではありません。

なので、ストレスを感じない程度の運動にして、「別のダイエット方法」を取り入れるのが良いでしょう。

運動の代わりにお勧めしたいのが楽なダイエット

運動を行わない・運動量を減らした代わりに行ってほしいのが、楽にできるダイエット方法です。楽にできるダイエット方法とは「運動」ではなくて、食事の改善でで消えるダイエット方法ですね。

ただ、食事の制限もストレスを助長する原因の一つです。そのため、できるだけ食事内容を変えることなく、ストレスにならないようなダイエット方法が望まれます。

そうなると、お勧めしたいのが「朝食の置き換えダイエット」なんです。

【おすすめの理由】

  • 朝食は比較的軽めの方が多いのでストレスになりにくい
  • 毎朝定期・同じ時間に食べるのでリズムになりやすく続けやすい
  • 簡単なのにカロリーを多く減らせるのでダイエット効果が高い

朝食の置き換えダイエットをお勧めしたい理由は、これですね。置き換えに利用するのは、できれば野菜や果実の栄養が豊富なものがおすすめです。昼食や夕食で、どうしても摂取量が少なくなりやすいのが野菜や果実の栄養ですからね。

参考:野菜や果実の栄養が豊富な酵素ドリンクランキング

②好きなものを食べられなくて辛い

食事制限

ダイエットの定番の食事制限ですが、ダイエットを意識しすぎると、なかなか好きなものが食べられなくて、つらいという経験がありますよね。食事って、人間の3大欲求の一つを満たす、とても大事なもので、食事に不自由してしまうと本当に辛くて、ストレスが溜まってしまいます。

「まいう~」でお馴染みのおデブタレントの石塚さんが言っていましたが、高カロリーなものほどおいしいから、ダイエットなんて本当に地獄だ、これは正にその通りかもしれませんね。

美味しそうなものは、高カロリーなものが本当に多くて、ダイエット中はなかなか美味しいものを食べられない、つらくて苦しい時期を迎えてしまいます。

食事制限が辛いならどうすればよい?

日々の食事全てを節制するのは、本当につらくて、並大抵の覚悟でできることではありません。なので、全食事を節制しよう、なんて考え方はやめてしまいましょう。

どういうことかというと、節制する食事を絞り、1日の食事量(カロリー)をコントロールして痩せるようにするんです。

【例①】

  • 朝食:ヨーグルト(節制)
  • 昼食:パスタ(節制しない)
  • 夕食:お肉料理(節制しない)

【例②】

  • 朝食:トースト・目玉焼き(節制しない)
  • 昼食:サラダ(節制)
  • 夕食:パスタ(節制しない)

あくまでも一例ですが、朝食や昼食でカロリーを抑えめにして、他の2食は思いっきり好きな料理を食べてしまうのがおすすめです。まあ、置き換えダイエットと同じ考え方ですね。

全ての食事をヘルシー・健康的に、というのは理想ですが、理想を追い求め過ぎては危険です。人間には限界がありますし、食事によるストレス発散効果って本当にすごいので、制限をかけすぎるのは肉体的にはよいかもしれませんが、精神的に危険になるかもしれません。

なので、朝食だけ、昼食だけを制限してみるのが良いですよね。

③成果が思うように出なくて辛い

成果が出る

ダイエットは痩せることが目的です。そのため、体重の減少が見られない・成果が見られないと、やっている意味があるのかな、と疑問に思ってしまいますよね。

ただ、ダイエットの成果はすぐに出るものではなくて、地道な努力の積み重ねで出来上がるものです。なので、すぐに成果が出ないのは当然で、我慢するしかないのですが・・・

そうはいっても、成果が出ないのはつらいものです。

成果が出やすいダイエットに挑戦してみる?

ダイエットの成果はなかなか出るものではない、といいましたが、例外的に「即効性のある」ダイエット方法も存在します。ダイエットの成果が出なくて苦しんでいる、という人は、即効性のあるダイエットを行って、モチベーションを上げてみるのが効果的かもしれません。

では、即効性のあるダイエット方法は何かといえば、「酵素断食」です。断食なので、ある程度食事を断つ必要があるダイエット方法ですが、断食後は平均して―2kg程度のダイエット効果が期待できます。

もちろん、酵素断食で痩せるのは一時的なものです。継続的に痩せた体を維持したければ、酵素断食を定期的に繰り返す必要がありますけどね。

ただ、断食を行うと、体重が目に見えて減るので、モチベーション向上につながるんですよね。痩せる経験を身をもって体験すると、次もまたやってみよう、と思えます。

もしも酵素断食に挑戦してみたいな、と思ったら、まずは実践方法を確かめてみてください。酵素断食は、中途半端な知識で実践してしまうと、体調を崩す危険性もあるので、正しい知識が必要です。

参考:酵素断食で痩せるメカニズムと実践方法

まとめ

ダイエットが辛くて続けられない、これは誰でもぶつかる壁です。ただ、その壁を超えるとダイエットが楽しくなってきたり、理想の体を手に入れられたり、いいことが待って言います。

あなたに合った、克服方法を見つけてみてください。