めっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁が凄く人気なんですけど、実は危険なんじゃないのかっていう心配をしている人もいませんか?

添加物がたくさん入っていて体に悪くて、本当は痩せないんじゃないのかと心配ですよね?

めっちゃたっぷりフルーツ青汁に含まれている原材料・成分から本当に危険なものが入っているのか、一つ一つ丁寧に解説していきます。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁の成分表

めっちゃたっぷりフルーツ青汁の成分表

還元麦芽糖水飴、デキストリン、大麦若葉粉末、クマザサ粉末、果汁パウダー、フィッシュコラーゲンペプチド、明日葉粉末、抹茶、植物発酵エキス粉末(デキストリン、糖類、野草、果物、野菜、海藻エキス)、フルーツ・野菜抽出エキス、緑茶抽出物、有胞子性乳酸菌、酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン)、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、ブドウ糖、パイナップル果実抽出物、乳糖、香料、甘味料 (ネオテーム、スクラロース)、シクロデキストリン、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12、(原材料の一部に乳、小麦、りんご、大豆、オレンジ、バナナ、モモ、キウイフルーツ、ゼラチンを含む)

添加物の種類って?

めっちゃたっぷりフルーツ青汁に含まれている添加物を確認する前に、添加物の種類を確認しておきましょう。

一言で添加物といっても実はいろいろな種類があります。

【添加物の種類】

  1. 指定添加物
  2. 既存添加物
  3. 天然香料
  4. 一般飲食食物添加物

1~3は昔からの習慣で、食品に添加されてきた添加物です。例えば、梅干しを赤くするための赤しそなどですね。古くからの慣習で利用されていて、人体への影響がないと考えられているものが該当します。

4点目の一般飲食食品添加物は、1~3と違い「化学的に作られた添加物」です。色鮮やかな商品を作るための着色料などが代表例ですね。

もちろん、食品添加物として認められるためには人体への影響がないことを厚生労働省から認可を得なければならないので、食べたからといって危険はありません。正確には、一般的な量を食べる分には危険性無しという判断が下されています。

例えば、食品添加物だけを毎日抽出して食べ続ける・・・などの極端なことをしなければ、特に心配する必要がないのが食品添加物なんですね。

参考:食品添加物とは?

めっちゃたっぷりフルーツ青汁に含まれている添加物

めっちゃたっぷりフルーツ青汁
食品添加物自体は一般的な認識よりも危険性は薄いという事実はありますが、それでもめっちゃたっぷりフルーツ青汁に入っている添加物がどんなものがあって、本当に危険性がないものなのか、気になりますよね?

一つ一つ解説していきます。

添加物①還元麦芽糖水飴の危険性は?

還元麦芽糖水飴は甘味をつけるために作られた添加物です。水飴というとお祭りなどで食べる、トロトロの飴を想像するかもしれませんが、還元麦芽糖水飴は「デンプン+水素」で出来た物質です。

デンプンは糖質からできているため甘さを作るのに利用されています。

還元麦芽糖水飴は糖アルコールというものの一種で一般的な砂糖などよりもカロリーが低いという特徴があります。また、デンプンからできているので自然食品にも近い成分です。

人体へ与える危険性の報告はありません。還元麦芽糖水飴はガムでお馴染みのキシリトールの仲間みたいなものなので、心配しなくても大丈夫です。

ただ、キシリトールはあまりにも過剰摂取するとお腹がちょっとだけ緩くなることがあるとも言われているので、極端にとり過ぎるのはあまり良くないかもしれませんね。

添加物②デキストリンの危険性は?

デキストリンはデンプンのことで食物繊維と糖質で出来た物質です。めっちゃたっぷりフルーツ青汁には食物繊維の量を増やしたいため添加されているものと考えられますね。

食物繊維にはお腹の調子を整える効果が期待できるため、ダイエットサポートにも非常に有効です。

糖質で出来ているとカロリーが気になるかもしれませんが、めっちゃたっぷりフルーツ青汁は10.7kcalしかないため、大量に糖質を摂取するということにはならないので安心してください。

デンプンを食べて危険ということはありませんからね。デンプンを食べ過ぎた弊害として思い浮かぶのは肥満だと思いますが、めっちゃたっぷりフルーツ青汁はそもそものカロリー摂取量が少ないので、デキストリン(の糖質)は大量に含まれてはいないことが分かりますね。

心配する必要はないでしょう。

添加物③香料の危険性は?

香料ははっきりと何が使われているの書かれていないので想像になってしまいますが、実際にめっちゃたっぷりフルーツ青汁を飲んでみると「バナナの香りが強い」ことが分かります。

そのため、バナナ関係の香料が利用されていることが推測されますが、バナナの香料として有名なのが「エステル」という物質です。エステルは名称こそ危険そうに感じるかもしれませんが、天然果実油から作られたものなので、安全性は高いといえるでしょう。

添加物④甘味料 (ネオテーム、スクラロース)の危険性は?

甘味料には人工甘味料が用いられていることが分かります。ネオテームは砂糖の約1万倍、スクラロースは同約600倍もの甘さを持つといわれている人工甘味料です。

人工甘味料は還元麦芽糖水飴とは違い、糖質ではできていないのでカロリー0です。還元麦芽糖水飴の場合は、低カロリーですが0ではありませんでした。

人工甘味料についてはネット上でもかなりネガティブな見解を見るかもしれませんが、基本的には危険性はないと考えられています。

ネオテーム

野菜や果物などの通常の食品の代謝によって生成されるメタノールの量に比べて微量であり、毒性が問題とされるレベルではない。
出典:Wikipedia

スクラロース

米国食品医薬品局(FDA)や欧州食品安全機関(EFSA)をはじめとする各国の規制当局や、国連食糧農業機関 (FAO)・世界保健機構(WHO) の合同食品添加物専門家会議(JECFA)でもスクラロースの安全性が確認され、使用が認められている。
出典:Wikipedia

とはいえ、なんだか怖いな・・・と思うかもしれませんね。

怖い方には無理に進めませんが、めっちゃたっぷりフルーツ青汁に使われている人工甘味料の量は、かなり少量です。原材料の表記は、配合が多い順に書かなければなりませんが、甘味料は後ろの方に書かれていることからも分かります。

また、人工甘味料は「0カロリーコーラ」などの清涼飲料水・ジュースに大量に利用されているため、めっちゃたっぷりフルーツ青汁を怖がって飲まないなら、0カロリー飲料を飲まない方がよいでしょう。100倍以上も0カロリーコーラには人工甘味料が・・・。

その他:美容成分も添加物として配合

「ビタミン類」「プラセンタ」「コラーゲン」などの成分も添加物として含まれていますが、それぞれ美容に良い効果が期待できる成分ですし特に危険性もありません。

特にプラセンタは胎盤エキスなので、基本的には「添加物として食品から摂取する」か「注射で直接注入する」くらいの方法しかありません。安全性を危惧する必要もないですし、メリットしかないですね。

酵素は添加物?

めっちゃたっぷりフルーツ青汁には酵素ドリンクと同じ成分も含まれています。

「植物発酵エキス末」という成分が該当するのですが、特に添加物というわけではありませんね。めっちゃたっぷりフルーツ青汁は「青汁+酵素」で出来ているため、ダイエットにも健康にも効果的と人気になっています。

従来の青汁に比べてもかなり飲みやすいというのも人気の理由の一つですけどね。

まとめ

めっちゃたっぷりフルーツ青汁の添加物について詳しくまとめてきましたが、基本的に危険ということはありません。唯一気になるのは「人工甘味料」ですが、少量なので心配ないと思いますが、どうしても気になる方は避けてもよいでしょう。

とはいえ、危険ということはなくメリットの方が大きい商品だとは思いますよ。実際の利用者も安全にダイエットに成功していますからね!

めっちゃたっぷりフルーツ青汁を利用した一般人のダイエット口コミ体験談