比較

酵素ドリンク・生酵素・クレンズジュース・酵素スムージー・・・いろいろと似たようなコンセプトの商品が登場し、どれがどのように違うのか、よくわからないな、という人も多いのではないでしょうか。

それぞれの特徴をまとめてみました。

酵素ドリンク

酵素ドリンク
酵素ドリンクは酵素ダイエットを行うために作られた植物発酵エキスを補給する飲み物です。

【特徴】

  • 野菜や果実を長期熟成して発酵させる
  • 発酵によりできたエキスを絞ったもの
  • 野菜や果実の栄養が豊富
  • 発酵されているため栄養吸収効率が高い
  • 体内酵素活性化による代謝改善効果が期待できる

酵素ドリンクと呼んでいるものは、基本的には植物発酵エキスで出来ています。商品によってはシロップなどで薄められていたり、人工甘味料で味が調整されていたりするものもありますが、あくまでも体に摂取したいのは植物発酵エキスなんですね。

植物発酵エキスを飲み、多くの野菜や果実の栄養を補給することが、ダイエット効果を生むと考えられているので、できるだけ添加物などが入っていない商品を選びたいところです。

【植物発酵エキス100%の原材料の例】
優光泉成分表示

このように、発酵に使った原材料以外記載がないものが、100%植物発酵エキスで出来たものです。添加物が含まれている酵素ドリンクは、人工甘味料などが書かれています。

参考:酵素ダイエットの仕組み・酵素ドリンクの選び方

その他にも、酵素ドリンクの選び方・独自の7項目による採点結果によるランキングも公開しているので、参考にしてみてください。

参考:ダイエット効果の高い酵素ドリンクランキング

生酵素

サプリ
一部の酵素ドリンクの中には「生酵素ドリンク」という宣伝をしている商品もありますが、生酵素とは本来サプリ用に作られた言葉と考えた方がよいでしょう。

【特徴】

  • 野菜や果実を長期熟成して発酵させる
  • 発酵によりできたエキスを絞ったもの
  • 植物発酵エキスをサプリとして固めたもの
  • 飲料ではないため酵素自体を補給する効果がある
  • 酵素による消化を助ける効果はあるが即効性の効果はほぼなし

酵素ドリンクは清涼飲料水として販売されるため、熱処理が義務付けられており、酵素自体は活性状態で含まれていません。そこで考えられたのがサプリメントです。サプリメントは「酵素」を補給することに優れています。

植物(野菜や果実)からできた酵素を補給すると、食べ物の消化を助けてくれる効果が期待できます。

参考:消化酵素とは?

つまり、生酵素サプリは食事の消化を助けてくれる効果が期待できる、ということですね。

ただし、一つ注意事項があります。生酵素サプリは、胃に食事があるタイミングでないと意味がないということです。消化を助けてくれる酵素を飲んだところで、消化するものがなければ、効果を発揮することができないからですね。

消化の手助けをするだけでは、即効性のダイエット効果は見込めないので、長期的な継続が必要なことも認識しておきましょう。

酵素スムージー

グリーンスムージー
ダイエットドリンクとしてグリーンスムージーが人気になった時期がありましたね。そのあたりから、粉末状のグリーンスムージーやいろいろなスムージーが登場するようになりました。

【特徴】

  • 食物繊維がメイン原材料
  • 水溶性食物繊維によりトロミがあり満腹感が出やすい
  • 植物発酵エキスも多少含んでいる
  • 味の調整に人工甘味料が使われているものが多いため低カロリー

スムージーの中には「酵素」という言葉が使われるものが多いのは、おそらく商業的な理由だと思います。「酵素」という言葉があることで、消費者に対して「効果がありそう」と思わせているようですね。

実態としては、ほとんどが食物繊維でできていて、酵素(植物発酵エキス)はほんのわずかしか入っていないので、食物繊維補給飲料として飲むのが良いかと思います。

【原材料の例】

粉末酵素スムージーの原材料

デキストリンや水溶性食物繊維と書かれているものが、いわゆる「食物繊維」ですね。原材料は配合量が多い順に書かれているので、メインが食物繊維であることが分かると思います。

食物繊維のダイエット効果は「お腹を整えることによるデトックス促進」などであり、酵素ダイエットとは少し経路が違います。ただ、これはこれで効果的なダイエットといえるでしょう。

酵素スムージーを購入する場合は「酵素」という考えは捨て、「食物繊維を補給できるもの」として食物繊維の配合量やそのほかの栄養素を確認して選ぶのが良いかと思います。

参考:独自採点による酵素スムージー比較ランキング

クレンズジュース

ジュースクレンズ
クレンズジュース・ジュースクレンズ、いろいろな呼ばれ方はしますが、クレンズという言葉がつくダイエットドリンクが増えてきました。これも、ジュースクレンズによるダイエットが流行してきたからですね。

【特徴】

  • 食物繊維・オリゴ糖がメインの場合が多い
  • 粉末タイプ・液体タイプなど様々
  • 植物発酵エキスも多少含んでいる場合がある

ジュースクレンズとはジュースを飲むことで体内デトックスを行い痩せよう、という考え方です。普段は消化にエネルギーの7割も使っているので、ジュースを飲むことで栄養補給すれば、エネルギーが他の臓器へ回り、デトックス効果を生む、と考えられているんですね。

海外で人気のダイエット方法で、日本の芸能人などが行い注目を集めています。

参考:ジュースクレンズの考え方・酵素ダイエットとの違いは?

本来のジュースクレンズの考え方ではコールドプレスジュース(生の野菜や果実をコールドプレスジューサー)で絞ったものが推奨されていますが、日本で販売されているクレンズ関連商品は、デトックス効果を高める成分を配合した商品が増えています。

デトックス効果を高めるとは、お腹の調子を整える効果、ですね。そのため、食物繊維やオリゴ糖などの腸内環境を整える成分を主原料にしています。

結局どれがダイエット効果が高いのか?

では、どれを飲むのが一番ダイエットに効果的なのか、と思うかもしれませんが、どれが良いとは言い切れるものではありません。そのため、目的に合わせて選ぶのが良いのではないでしょうか。

全身痩せ・代謝改善

代謝を改善し全身痩せを実現したいなら酵素ドリンクによる酵素ダイエットがおすすめです。体内の酵素を活性化させることで、代謝が良くなりリバウンドしにくいと考えられていますからね。

ダイエット効果の高い酵素ドリンクランキング

消化改善・長期的なダイエット

消化に悪いものを食べているな、と思う人は生酵素サプリを食事前に飲むと消化を助けてくれるでしょう。消化を助けるだけでは、劇的なダイエット効果は見込めませんが、続けていくことで地道に痩せることができるかもしれません。

生酵素サプリランキング

便秘解消・整腸作用・置き換えダイエット

食物繊維の量が豊富で、トロミが出るのでお腹を満腹にしやすいのが酵素スムージーです。ただし、栄養面と低カロリー過ぎる・甘味料が含まれていることから1食の置き換えダイエットが良いと思います。断食には利用しない方がよいでしょう。

酵素スムージー比較ランキング

便秘解消・整腸作用・体内デトックス

デトックスを促進したいのであればクレンズジュースが向いているかもしれません。特徴は酵素スムージーと類似している部分が多いので、好みの商品がある方を選んでもいいかもしれませんね。

クレンズジュースランキング