1週間ダイエット

結婚式、パーティー、コンパ、保護者会などが迫り、1週間で少しでも痩せたいと思うときも時にはあるのではないでしょうか。

そんな時のために、1週間でできるだけ痩せる酵素ダイエットプランをご提示いたします。

1週間の酵素ダイエットプラン

1週間で何とか痩せたい時のため、一時的な効果しか期待できません。しかし、時には一瞬でも痩せたいという時があるため、そんな時の緊急プランとお考えください。

実施することはいたってシンプルで置き換えダイエットとファスティングダイエットです。ただし、1週間しかないため、かなり強引なプランになっています。

【プラン内容】
10kg痩せる酵素ダイエットプラン

とにかく、1週間で痩せたいため、できることをやるプランになっています。10kg痩せるプランをご覧いただいた方は、もしかするとお気づきかもしれませんが、プラン内容自体は同じです。

参考:10kg痩せる酵素ダイエットプラン

しかし、10kg痩せるプランとの違いは、翌週続けるかどうか・・・です。

本来、ファスティングダイエットは復食期間を設けることが一般的です。復食期間とは、ファスティング後に体を慣らす期間で、この期間に普段の食事・増してや暴飲暴食などをしてしまうと、リバウンドの危険性があります。

本来は、翌週も控えめの食事or置き換えダイエットを実施していただきたいですが、どうしても痩せなければならい事情があり、翌週は継続不可能だというのであれば、リバウンドなどを覚悟のうえ実施ください。

それでは、プラン内容のポイントをご説明していきます。基本的には10kgプランと同様です。

①平日の朝を酵素ドリンク置き換え

10kg痩せるための酵素ダイエット・朝の酵素置き換え部分の説明

朝の置き換えダイエットを行います。朝は人体の生体リズムでは排泄の時間帯といわれています。そのため、排泄を促してあげることが重要になり、あまり消化酵素を働かせてあげるには適さない時間です。

酵素の人体リズム
参考:酵素とは?種類・働き・概要

そのため、酵素栄養学では、固形物などの摂取は控えるように促されているため、朝酵素ドリンクに変えることは非常に理にかなっています。消化酵素・消化器官を働かせないだけでなく、酵素ドリンクを飲むことで水分補給にもなり、排泄の補助となる効果も期待できます。

また、朝に必要といわれているのは糖質です。糖質は頭の回転のために必要になりますが、酵素ドリンクで摂取できる糖質は発酵されていて、私たちが通常お菓子などで摂取する糖質と異なり体内ですぐに燃やせるレベルにまで分解されています。

酵素ドリンクを朝置き換えで利用するのは、酵素栄養学の観点から見て自然の摂理に適っており、非常に効果的なのです。

②平日の昼食・夕食

酵素ダイエットで10kg痩せる・昼食・夕食のポイント

昼食・夕食で気を付けたいことは以下の2点です。基本的にはファスティングダイエットの準備期間・復食期間に行うべきことを実施しているイメージです。

  • 昼・夜も生野菜や果実をできるだけ摂取すること
  • 夕飯は夜8時までに食べ終えること

酵素ダイエットの基本的な考え方は、消化酵素を休ませてあげることで、代謝酵素の力を最大限に発揮させることです。酵素栄養学では消化酵素と代謝酵素は体内で両者合わせて一定しか存在できないため、消化酵素を浪費すると代謝酵素が働けないと考えれています。

そのため、できるだけ生野菜や果実から食物酵素を摂取して、体内の消化酵素に休息を与えてあげてください。生の野菜や果実から摂取できる食物酵素には、自己消化機能があり消化酵素を助けてくれます。

食物酵素の働き
参考:酵素ダイエットの3つの手法と2つの共通概念

また、夜8時までに食事を摂取する理由は①でもお話しした、人体の生体リズムに関わっています。人体の生体リズムは夜8時以降は吸収と代謝の時間です。そのため、この時間帯に食事を摂取してしまうと代謝を悪化させる原因となります。

③ファスティング

酵素ダイエットで10kg痩せる・ファスティングのポイント

ファスティングは基本的には3食を酵素ドリンクに置き換える方法ですが、お腹がすく場合3食にこだわらず好きな時に酵素ドリンクを飲むようにしましょう。お腹がすく前に飲むと、苦しさを軽減できます。

また、その他にも単純に食事をとらなければよい、というわけではありません。ファスティング時の注意点です。

【ファスティング中の5箇条】

  • 3食酵素ドリンクを摂取する
  • 水分は2.0ℓ~2.5ℓを目安に十分に摂取する
  • 塩分を多少摂取する
  • お腹がすく場合は3食以外でも酵素ドリンクを飲む
  • お腹がすいてどうしようもなければ、すり下ろした野菜や果実などを摂取する

ファスティングというと、とにかく酵素ドリンクを飲めばよい、とお考えの方もいるかもしれませんが、それだけでは不十分です。皆さんが見落としていそうな部分をピックアップして説明していきます。

水分摂取量

水分摂取
ファスティングダイエットは完全な断食ではありませんし、断食でも水分は摂取してよい場合がほとんどです。断食の元々の起源は宗教の修行ですが、私たちの目的はダイエットのため、水分は摂取した方が効果的です。

冬場などは冷たい水を飲むと体を冷やす原因にもなるため、できれば白湯(お湯)などで体を温めてあげるのが良いでしょう。お茶などでもよいですが、できればノンカフェインのお茶にしましょう。最も手軽なところですと、麦茶などがノンカフェインです。

塩分を多少摂取する

塩
ファスティング中に酵素ドリンクだけだと、ビタミンやミネラルは十分ですが、塩分量が足りなくなります。だからといって、塩分の入った固形食物をとることは厳禁です。

ファスティングの目的は、消化酵素を休ませてあげることです。固形物は消化酵素の浪費につながるので、お勧めできませんしファスティングになりません。

では、何を摂取すればよいかというと、みそ(具無し味噌汁)や梅干し、塩を少しだけなめるなどです。あくまでも、消化酵素を使わずに塩分を摂取することを心がけましょう。大量に摂取する必要はありませんので、1日決まった時間に2回梅干しを食べる、などとしておくとやりやすいでしょう。

※梅干しは発酵されているため、栄養素が分解されており消化酵素を節約できます。

最悪はすりおろした野菜や果実

すりおろし果実
ファスティングはどうしてもお腹が減ることとの勝負です。お腹がすいてどうしようもない、となったらすりおろした野菜や果実を摂取しましょう。

すりおろしていることで、消化によく食物酵素が入っているため消化酵素の浪費を最低限に抑えられます。

その他、最速プランの注意点

はじめに述べた通り、翌週以降も置き換えダイエットを行ったり、控えめの食事を摂取するなど継続して復食に努めること推奨です。置き換えダイエットは行わないにしても、食事の内容は気を付けましょう。

【翌週気を付けたい食事のポイント】

  • 暴飲暴食は厳禁
  • 生の野菜や果実をできるだけ摂取する
  • 肉や魚などの消化に悪いものはできるだけ少なくする
  • 夜8時以降は食べない

すべては守れなかったとしても、できるだけ守ることが大切です。ダイエット前以上に太る可能性もありますし、最悪は健康被害の可能性もあります。

何度も言いますが、1週間プランは最悪の場合だけ実施しましょう。余裕があるのであれば、2週間プランor1ヶ月プランをしっかり実施することをお勧めします。

参考:酵素ダイエット1ヶ月プラン
参考:酵素ダイエット2週間プラン

ダイエットプランに必要な酵素ドリンク

重要性
酵素ダイエット成功のためには酵素ドリンク選びも重要なポイントになります。下手な酵素ドリンクを選ぶと、ダイエット効果が半減してしまうためですね。

【酵素ドリンク選びに失敗したときのリスク】

  • 植物発酵エキスが薄まっているため栄養補給ができていない
  • 人工甘味料が含まれているため血糖補給ができないため低血糖になってしまう
  • 食品添加物が酵素阻害剤として働いてしまう
  • 農薬・放射線が体に害を与える

酵素ドリンク選びはダイエットへの影響だけでなく、最悪の場合は健康被害も・・・。正しく効果的な酵素ドリンクを選んで酵素ダイエットに挑んでくださいね。

酵素ドリンク選びの7つのポイントとランキング公開中