重要性

酵素ダイエットで復食が重要という話を聞いたことがあるかもしれませんが、実際のところどのように実施すればよいのでしょうか。

復食をうまく実施しないと、酵素ダイエットを行っても痩せない原因となってしまうので、注意しましょう。

酵素ダイエットの復食のやり方

復食は、酵素ダイエットの中でもファスティング(断食)を行うときに必要になる、大事な部分です。

【酵素ダイエットの復食のポイント】

  • 徐々に固形物と食事の量を増やしていく
  • 最低でも断食した日数と同じ日数分は復食期間とする

大きくはこの2点を守ることが復食の原則といえるでしょう。

①徐々に固形物と食事の量を増やしていく

お粥
復食で大切なのが、断食後の最初の食事はできるだけ消化に優しいものを食べ、徐々に固形物の量を増やしていくということです。

【復食の例】

  • 1日目朝:重湯
  • 1日目昼:お粥+漬物
  • 1日目夜:お粥+漬物+味噌汁
  • 2日目朝:ヨーグルト+フルーツ+サラダ
  • 2日目昼:ざるそば
  • 2日目夜:白米+味噌汁+サラダ+漬物

あくまでも例です。こちらで示した例を見ていただけると、何となくイメージがつくと思いますが、徐々に徐々に食事に固形粒つを増やしていっています。

断食を行った後は、消化器官が消化することに不慣れな状態です。その状態で、固形物を摂取すると、消化器官に思わぬ負担をかけてしまい、悪影響を与えかねないので注意しましょう。

また、断食後は体の中が綺麗な状態になっている分、いつもより栄養吸収が良い状態になります。そのため、体に悪いもの(脂っぽいものなど)を取ると、いつも以上に吸収してしまい、断食の効果を失いかねません。

②最低でも断食した日数と同じ日数復食期間を設ける

我慢
復食期間は断食を行った日数と同じ期間分だけ設けましょう。ただし、これはあくまでも「最低でも」です。より長くとればとるほど、効果的なことは間違えありません。

また、できることであれば、断食を達成したことを機会に、普段の食事改善まで行えるとベストです。食事改善とは、どんな食事をとることでしょうか。

【食事改善の内容】

  • 生の野菜や果実を多めにとる
  • 食事の量をこれまでの7割程度にする
  • 動物性タンパク質(肉魚)の量を減らす
  • 揚げ物などの摂取量を減らす
  • 植物性タンパク質(大豆など)を多めにとる

断食を行うと、不思議と以前よりも食事量を取らなくても平気になる方が多い傾向にあります。そのため、断食⇒復食⇒食事改善という流れで、日々の生活を改善していき、再度断食にチャレンジすると、自然とドンドン痩せていきます。

あくまでも、理想の話なので、無理に続ける必要はありませんが、折角痩せたのであれば、良い習慣を続けるように心がけたいところです。

復食期間の回復食の入手方法

回復食

断食は耐えられたとしても、回復食を作るのが面倒だな、と感じる人もいるかもしれません。確かに、断食で疲れ果てた状態で、自分で回復食を作る気力はわかないかもしれませんね。

そんな方のために、回復食セットを販売しているところも存在します。

断食回復食セット

こちらは、優光泉を販売している断食道場から販売されている、回復食セットとなります。回復食セットは単品でも販売していますし、優光泉とセットでの販売も行っています。

優光泉は無添加で非常に効果的な酵素ドリンクであり、返金保証までついています。これまで、酵素ダイエットでうまくいかなかったという人は、酵素ドリンクの品質に問題があったかもしれません。

無添加で効果の高い優光泉を使うことで、酵素ダイエットの成功確率は上がるので、断食セットと一緒に購入してみるのもありかもしれません。

回復食の購入・詳細はこちらから
優光泉の詳細はこちらから(回復食セットプランもあり)