平日

断食を行うのなら、実は平日の過ごし方が痩せるかどうかの分かれ目、ということを聞いたことがありませんか。

どのような過ごし方をすれば、断食ダイエットで痩せることができるのでしょうか。

週末断食をするのに平日の過ごし方が大事な理由

週末断食をするのに、何故平日が大事なのか、と思うかもしれませんが、断食には「準備期間」「回復期間」が必要だからです。

【断食の準備期間・回復期間】

  • 準備期間:断食前に体を慣らしておく期間のこと
  • 回復期間:断食後に徐々に食事量を増やしていく期間のこと

名前のままですが、断食の前後に「準備期間」「回復期間」を設けることで体の負担を軽減します。

週末断食を行う場合、平日が準備期間と回復期間になるため、平日の過ごし方が非常に重要になってくるのです。

準備期間:断食前の平日の過ごし方

平日
まず断食を行う前の、平日の過ごし方についてです。断食前なので、準備期間に相当します。

【準備期間:平日の過ごし方のポイント】

  • 「最低でも」断食を行うのと同日の日数を準備期間にする
  • 食事量を通常の6割~7割にする
  • 生の野菜や果実を多めに食べる

週末に断食を行う場合、可能であれば平日の5日間すべてを準備期間にするのが良いでしょう。しかし、難しいこともあると思うので、最低でも断食と同じ日数は準備期間にしてください。

土曜1日だけ断食をするのであれば、金曜は1日が準備期間です。土日の2日間であれば、木曜と金曜が準備期間です。

何度も言いますが、あくまでも最低日数です。長くとればとるほど効果的なので、あなたのライフスタイルに合わせて、できるだけ長めにしてください。

準備期間に行うことは、断食の慣らし作業というイメージで、食事量を減らします。また、断食の本来の意図は「消化を休めること」なので、食事量を減らすのではなく、消化活動を減らせるベストです。

消化活動を減らすためには生の野菜や果実が有効といわれています。「生」の野菜や果実には酵素が含まれているので、消化を助けてくれるからです。食物酵素は生にしか入っていないので、注意です。

食物酵素の働き

食物酵素を取ることで、体内の消化酵素の働きを抑えてくれるので、消化にかかる負担が減るんですね。

回復期間:断食後の平日の過ごし方

平日

断食後は回復期間に突入します。土日の2日間断食に挑戦した場合、月曜日から回復期間になりますが、仕事や学校があると、かなり大変かもしれません。そのため、少なくても断食の次の日は、フリーで過ごせる時を選ばれるのが良いと思います。

【回復期間:平日の過ごし方】

  • 断食直後の最初の食事はできるだけ固形物を避ける(お粥・重湯など)
  • 徐々に固形物を増やしていく
  • 回復期間後も食事量を減らせるとより効果的

断食直後は最も気を遣いたい瞬間です。断食が終わった瞬間なので、どうしても食事にがっつきたくなるかもしれませんが、断食直後は消化器官が働ける準備が整っていないとき、だと思ってください。

消化器官が働けないのに、いきなりいつも通りの食事をとると、消化しきれずに消化不良を起こします。せっかく、断食で体の中のゴミを排除したのに、消化不良を起こしては、またゴミが溜まってしまいます。

これでは効果が半減ですね。

そのため、徐々に徐々に体を慣らしていき、だんだん固形物を増やしていくようにしましょう。

【回復食の代表例】

  • お粥・重湯
  • すりおろしフルーツ・野菜
  • 生のフルーツ・野菜
  • ヨーグルト
  • 味噌汁

参考:回復食の基本3原則

また、断食が終わると体の中の、食事量が自然に減る方も大勢います。不思議なことなのですが、断食後は自然と食事の量が減って、野菜や果実を多くとることを心がけるようになる人が多いみたいなのです。

普段の食事内容が改善されれば、自然と痩せやすい体になっていくので、断食をきっかけにみるみる痩せる人もいます。

ただ、回復期間を怠ったり、断食後すぐに通常食に戻る方も中にはいるので、そんな方はなかなか痩せません。注意しましょう。

断食で痩せるための重要なポイント

大事なこと
断食は実践すれば痩せますが、実はその効果は一時的なものです。一回の断食では、体の中のゴミが外に出て行っただけにすぎないので、根本的な代謝改善までは行えません。

そのため、断食で痩せやすい体になろうと思ったら、何度も繰り返し断食を行う必要があります。週末断食を隔週で行うなど、継続してダイエットに取り組みましょう。

また、断食で成功するためには、実は酵素ドリンク選びが重要になってきます。体の中からゴミを排除する断食ダイエットですが、下手な酵素ドリンクで実践してしまうと、体の中にゴミを作り出してしまいます。

効果的で正しい酵素ドリンクの選び方は?

注意

酵素ダイエットの成功のためには正しいダイエット方法を実践するだけでなく、効果の高い酵素ドリンクを選ぶことも大切になってきます。

【効果の高い酵素ドリンク】

  • 無添加の酵素ドリンク
  • 特に人工甘味料が大量に入っている酵素ドリンクは危険

効果の高い酵素ドリンクを選ぶのであれば、添加物が入っていない、もしくは入っていても少量の酵素ドリンクを選びましょう。添加物は体内の酵素の働きを邪魔する「酵素阻害剤」となりますし、代謝できないため「老廃物」にもなります。

参考:酵素阻害剤とは?

添加物の中でも、人工甘味料が豊富なものは特に危険です。人工甘味料で味が調えられていると、酵素ドリンクで最も重要な「植物発酵エキス」の量が減らされてしまいます。つまり、薄められた状態ということです。

そのため、できるだけ無添加の酵素ドリンクを選び、最悪でも人工甘味料が入っていない酵素ドリンクを選びましょう。

お勧めできる酵素ドリンク

では、具体的にどれがお勧めの酵素ドリンクなのかをお伝えしていきます。

商品名 価格 1杯辺り価格 添加物有無
優光泉 7,992円 145円 無添加
野草専科 2,940円 245円 無添加
毎日酵素 6,980円 388円 無添加
お嬢様酵素 4,980円 198円 添加物あり
ベジライフ 5,100円 204円 添加物あり
ベルタ酵素 5,080円 286円 添加物あり
酵水素328選 5,120円 341円 添加物あり
ローヤルエンザミン 7,560円  466円 添加物あり

※価格はすべて税込み価格・単品購入
※商品名から公式サイトへ飛びます。

この中でお勧めなのは優光泉です。

【優光泉がお勧めの理由】

  • 1杯辺りの価格が安い
  • 完全無添加
  • おいしさ調査もランキング2位
  • 30日間の返金保証付き

おいしくて安くて無添加ということなしです。30日間返金保証もうれしいですしね。

優光泉公式ページ

編集部員が優光泉でダイエットに挑戦しました

おすすめNo1の優光泉を実際に編集部員が体験してみました。まずは結果からお伝えしますね。

ダイエット写真

特に脚痩せ効果が高かったので、脚の画像を取ってもらいました。写真だと伝わりにくいかもしれませんが、膝周りのお肉の付き方がだいぶ変わっているのが分かるのではないでしょうか。

では、どんな方法で、どれくらいの成果だったのかをまとめてみましょう。

【成果/実施方法】

  • 体重:51.0kg⇒45.0kg
  • 期間:3ヶ月
  • ダイエット方法:毎朝優光泉を飲む置き換えダイエット

これだけの方法で、痩せることに成功したといっています。身長は155cmなので、51.0kgでもそこまで太っていたわけではないのですが、脚が太いことが少し気になっていたので、優光泉のダイエットに成功して喜んでいます。

ダイエットの体重変化

返金保証付き・無添加の優光泉詳細を確認してみる