ダイエットを継続する

ダイエットに挑戦しようと思っても、継続できなくて挫折してしまった・・・そんな経験誰だってありますよね?

何をやっても継続できない、とあきらめる前に、もう一度どうやればダイエットを継続できるのか、考えてみましょう。

ダイエットが継続できない原因は?

ダイエットが継続できない、そんな自分はダメな人間だ、意志が弱い人間だと卑下する人も時々見るんですが、実はそんなことありません。誰だって、ダイエットが継続できないんです。

【ダイエットが継続できない原因】

  • 誰にも強制されないので甘えてしまう
  • 痩せたいけど痩せなきゃならない理由がないので続けられない
  • 成果が出ないためモチベーションが上がらない

ダイエットを続けるのは凄く難しいんですよね。継続できない理由は、一見大した理由ではなさそうに見えるかもしれませんが、そんなことないですよ。

ダイエットをする前は、芸能人やモデルのような体型を目標にして始めるものですが、彼女たちだって、いろいろな理由があってあの体系をいい

じゃあ、それぞれ、どんな風に解決すればよいのでしょうか。

①誰にも強制されないので甘えてしまう

甘えてしまう

ダイエットは誰にも強制されることのない孤独な戦いです。自分が痩せたいと思って始めるのですが、辞めるのも自由なんですよね。

実はダイエットほど誰にも強制されないものって他にないかもしれません。

人生を振り返ってみましょう。

  • 勉強:親や社会の受験というプレッシャー(強制力)
  • 就職:生きる手段というプレッシャー(強制力)

勉強や就職は、親や社会のプレッシャーがあったから、嫌でも仕方なく実行してきました。でも、勉強も就職活動も楽しくないし、つらかった・・・という人も多くありませんか?

少なくても私は本当につらかったです(笑)でも、そんな嫌なことでも強制力・プレッシャーをかけられると、なんだかんだで達成してしまうのが人間の凄いところですよね。

ただ、ダイエットは誰も強制してくれません。彼氏や旦那が入ればプレッシャーをかけてくるかもしれませんが、痩せなければ別れる、なんて言われる人はあまりいないですからね。

彼氏が欲しくてダイエットをしようと思っている人の場合、別に痩せたからといって彼氏ができる保証はありません。確かに可能性は上がるかもしれませんが、数キロ痩せたところで、大して結果には・・・なんて思うと、モチベーションが保てないんですよね。

プレッシャーがないならプレッシャーを作ってしまう

プレッシャーを作る
じゃあ、どうすればいいか、答えは簡単です。ダイエット継続したいならプレッシャーを無理やりかけてしまえばいいんです。

では、具体的にどんな風にプレッシャーをかけていくのが良いでしょうか?

【プレッシャーの例】

  • 15日後までに-2kgできていなかったら1週間おやつ抜き
  • 1週間でウォーキング10時間出来なかったら罰金1万円

こんな感じのルールを決めてしまいましょう。ただ、ルールを決めただけでは破るのは簡単です。なのでより強力なプレッシャーにするために、こんなことまでできるとよいでしょう。

【より強力なプレッシャーにする方法】

  • 決めたルールを紙に書き出して見えるところに置いておく
  • 友達や家族に宣言してチェックしてもらう

少なくても髪に書き出すまでは行うとよいと思います。できれば人に宣言して、チェックしてもらう方がいいですけどね。人に宣言してチェックしてもらうことで、かなり大きなプレッシャーになって、達成できる可能性がグッと上がります。

ライザップこの方法で痩せている

こうやって人に宣言することは、実はライザップの方法と似ていますよね。ライザップは毎日の食事や行動を報告させて、必ず個別指導のメニューを守らせるようにしています。

ライザップほど細かいチェックは難しいですが、痩せるメニューや決め事は自分で決めるけど、チェック体制を他の人にやってもらうことで、同じような効果を得ることができると思います。

②痩せたいけど痩せなきゃならない理由がないので続けられない

理由がない
痩せたいという願望はあっても、痩せなきゃならない理由ってなかなかありません。もちろん、友達と海に行くから痩せなきゃ、結婚式に行くから痩せなきゃ、同窓会があるから痩せなきゃ、こんな理由はいろいろあるかもしれませんが、全部「must」じゃないんですよね。

全てが希望的なもので、何キロ痩せなきゃならない、という絶対的な理由にはなりません。

人間、絶対にやらなきゃならない、という理由がないと続けるのは難しいものです。あなたも、1ヶ月で2kg痩せなきゃ給料が0になる、なんて言われたら痩せられると思いませんか?

これはmustではないですが、限りなくmustに近い状況ですね。

絶対に痩せなきゃならない理由を作るには?

痩せなきゃならない理由
絶対に痩せなきゃならない理由を作るのは難しいかもしれません。①と似たような感じで、何か理由を宣言して、友達にチェックしてもらうのがよいかもしれませんね。

もしくは、こんなのはいかがでしょうか。

【痩せなきゃならない理由を作る】

  • 合コン・女子会・同窓かなどの日取りを先に決めてしまう
  • 痩せられなかったら罰ゲームなどを友達にセッティングしてもらう

目標・目的・強制力、これらはダイエットに欠かせない成功要因です。痩せる目的はやっぱり綺麗になって、モテたい、友達に自慢したい、自信を持って歩きたい、など容姿に関することですよね。

容姿が関連するイベント(合コン・同窓会・女子会など)を設けて、そこに向けて痩せるように仕向けて行くのが良いのではないでしょうか。

③成果が出ないためモチベーションが上がらない

ダイエットテンション

ダイエットが続けられない理由、最大の要因は成果がすぐに出ないこと、かもしれませんね。強制力や、目的がなくても、成果がすぐに出れば自然と楽しくなって、続けられるものです。

ただ、残念なのがダイエットの成果は、すぐには出にくい、ということです。

例えばウォーキングを1日1時間毎日行ったとしてもカロリーは160kcalくらいしか減りません。160kcal減少させたところで、痩せるには膨大な時間がかかるわけですが、ウォーキングを毎日1時間行うのは、かなりの労力を使いますよね?

仕事や遊びの時間を削って作った1時間のウォーキングの成果が、1ヶ月経っても見えなかったら、ダイエットに対するやる気・モチベーションが下がるのは当然なんです。

成果がすぐに出やすいダイエットを実践してみる

成果が出る
成果が出にくいダイエット方法を実践していると、どうしてもモチベーションが続かないので、まずは簡単に成果が出るダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

おそらく、最速で結果が出るダイエット方法といえば、断食ダイエットだと思います。断食ダイエットを行えば、最短3日で―2kgくらいは落とすことも可能です。

もちろん、断食でいったん痩せても、多少体重は戻ってくるので、繰り返し定期的に断食を行う必要はあるのですが、特にダイエット成果が出ていない、モチベーションが下がった時に行うと、やる気が向上するきっかけになります。

普段はウォーキングなどの運動を行いながらも、数週間に1度断食で体重を一気に落とすと、効果的に代謝改善も行えるので、合理的でもありますしね。

ただし、断食を行うなら正しい実践方法を学んでから出ないと、体調を崩す原因になるので、注意してくださいね。

参考:酵素断食の実践方法