おいしい

置き換えダイエットを行える商品は様々なサイトで紹介されていますが、どの商品がおいしく痩せることができるのでしょうか。

そこでどんな商品・食品で置き換えダイエットが可能といわれていて、どれが一番お勧めなのかを比較していきたいと思います。

置き換えダイエット可能な食品

置き換えダイエットが可能といわれている食品をまずは確認しておきましょう。

【置き換えダイエット可能な食品】

  • 酵素ドリンク
  • グリーンスムージー
  • ダイエットシェイク
  • コンニャク食品
  • お粥
  • ヨーグルト
  • 春雨
  • グラノーラ
  • フルーチェ

置き換えダイエットは非常にシンプルで、食事を何かに「置き換える」というダイエットです。なぜ置き換えるかというと、置き換えたものが低カロリーであることを前提にしていて、カロリー摂取量を削減することで痩せよう、という手法です。

つまり、置き換える食品は低カロリーであることが第一条件となります。

また、置き換えダイエットの場合、1食もしくは2食を何かに置き換えるわけですから、その分栄養素が不足する可能性があります。栄養素が不足することで、代謝が落ちてしまえば、例え一時的に痩せたとしてもリバウンドの可能性が高くなってしまいます。

そのため、栄養素が不足しないように適切な栄養を補えるもので置き換えをするのが第二の条件となります。

これらの条件を踏まえて、それぞれの食品たちがどんなメリット/デメリットがあるのか確認していきましょう。

①酵素ドリンク

酵素ドリンク
置き換えダイエットは酵素栄養学に基づいた酵素ダイエットでも推奨されている方法なので、非常に効果的な方法といえるでしょう。

参考:酵素ダイエットの3つの手法と2つの共通概念

【メリット】

  • カロリーはかなり低め
  • ビタミン・ミネラルが豊富

【デメリット】

  • 満腹感に乏しい・炭酸水などと併用で多少対策可能
  • タンパク質類が不足する

酵素ドリンクも手作り可能ですが、手間を考えると市販のものを利用する方がほとんどかと思います。酵素ドリンクは発酵の必要がありますので、自宅で発酵を行う体力がある方は少ないかと。

また、手作りの場合は品質に懸念もあるので、市販で購入することをお勧めします。一時期、消費者庁が酵素ドリンクのレシピを公開して、品質に問題があると炎上・削除する騒ぎも起こったくらいです。

参考:消費者庁が公開して酵素ドリンクのレシピが炎上

そのため、市販の酵素ドリンクを前提にお話をしますが、まずカロリーは少ないといってよいでしょう。酵素ドリンクはかなりの糖分を含んだ状態で売られていますが、酵素ドリンク自体は原液という扱いです。そのため、何かで薄めて利用することになるため、一回で摂取するカロリー量は少ない、といってよいと思います。

また、豊富な原材料からできている商品が非常に多いため、ビタミンミネラルの補給効果が非常に高い飲料となります。

一方、デメリットとしてはタンパク質が不足しますし満腹感が乏しいです。酵素ドリンクは何かと混ぜて飲むのが通常の飲み方なので、炭酸水と混ぜると満腹感があがります。

②グリーンスムージー

グリーンスムージー

【メリット】

  • 飲み応えが意外とあり満腹感がある
  • ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富

【デメリット】

  • 作る手間がかかる
  • タンパク質類が不足しやすい
  • 材料費が意外と高額

グリーンスムージーは美意識が高い人たちの間で定番化している、ダイエット飲料ですが、作る手間がネックです。また、準備する材料の値段もばかりになりません。

フルーツや野菜を購入すると、意外と1杯400円くらいはかかるので、経済的とは言いにくい部分があります。

③ダイエットシェイク

ダイエットシェイク

ダイエットシェイクというダイエット食品が販売されています。

【メリット】

  • カロリー超低カロリーではないが低カロリー
  • 満腹感もあり
  • ビタミン・ミネラル・タンパク質などバランスよく配合

【デメリット】

  • 値段が全体的に高い

置き換えダイエット用に作られている商品なので、基本的には低カロリーで腹持ちもよく、栄養バランスもとれています。TVCMでも有名なプロテインダイエットもダイエットシェイクに分類されるでしょう。

ダイエットシェイクの場合、飲みやすさを実現するために人工甘味料を利用している商品がほとんどです。人工甘味料は、酵素阻害剤になるので酵素ダイエットの観点か見ると、あまり良くありません。

また、値段が高いものが多く、1杯500円程度、なんて商品もあります。

④コンニャク

コンニャク

コンニャクも置き換えダイエットに利用する方が多いですね。また、コンニャクでできた食べ物、を置き換えダイエットに利用する場合もあります。

【メリット】

  • 低カロリー
  • 満腹感もあり
  • 価格も1個100円程度

【デメリット】

  • 栄養素が乏しい(食物繊維は豊富)

低カロリーのイメージが非常に高く、体にも良いというイメージが高いコンニャクも置き換えダイエットに利用されます。低カロリーですし、量によりますが意外な満腹感もあります。

ただ、栄養素に乏しく、食物繊維は豊富ですが他の栄養素が不足しがちです。実施するなら他の食事でタンパク質やビタミンを補給したいですね。

⑤お粥

お粥

あまり実践している方は多くないようですが、お粥による置き換えダイエットも効果的といわれています。

【メリット】

  • ご飯の代わりにお粥にすることで普段通りの食生活気分
  • 水分量が多いため満腹感も十分

【デメリット】

  • カロリー摂取量が多少すごく低いわけではない
  • 作るのが面倒

普段のご飯の代わりにお粥にするという置き換えダイエットです。あまりデメリットらしいものはないのですが、私個人としては、普段は外食やコンビニ食材なので、作る手間が・・・と感じてしまいます。

ただ、普段から家でお米をたいているという人にとっては、水の量を増やすだけでできるので、それほど手間ではないかもしれません。

⑥ヨーグルト

ヨーグルト

ヨーグルトは体に良いから、といってダイエットに利用する方が多いですね。

【メリット】

  • 乳酸菌の力でお腹の調子を整えてくれる
  • タンパク質・ビタミン・糖分などを摂取可能

【デメリット】

  • 糖質も含まれているので食べ過ぎに注意

ヨーグルトは健康飲み方というイメージが強いのではないでしょうか。しかし、食べ過ぎには注意です。

ヨーグルトは糖質も含んでいます。健康に良いから置き換えに利用して一杯食べよう、と考えると逆に太ってしまう可能性もあります。また、動物性タンパク質は別途摂取したいですね。

⑦春雨

スープ春雨

春雨は低カロリーの代表というイメージが強いのではないでしょうか。

【メリット】

  • 超低カロリー
  • 水分を吸収して膨らむので満腹感もあり
  • ミネラル・タンパク質・食物繊維が豊富

【デメリット】

  • ビタミン類が多少不足しがち

春雨は非常に低カロリーで主食の代わりにするのに適していると思います。特にスープにして食べることで、水分を吸収して膨らみ満腹感も高まります。

デメリットのビタミン不足ですが、スープに入れる野菜で摂取も可能です。規制のカップタイプなどもあるため手軽にも摂取可能ですね。あまりデメリットらしいものはありません。主食にするには飽きが来る可能性があるくらいでしょうか。

⑧グラノーラ

グラノーラ

グラノーラは健康に良いイメージがあり、健康美が作れそうなんて思うのではないでしょうか。

【メリット】

  • ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富

【デメリット】

  • カロリーは低くない
  • 糖分も含む

グラノーラは栄養補給の意味合いの方が強く、カロリーは意外と低くありません。そのため、置き換えているつもりが置き換わっていないという可能性もあります。

グラノーラで置き換えを行うのであれば、最もカロリーが多いであろう夕食で置き換えたいところです。

⑨フルーチェ

フルーチェ

フルーチェは子供のおやつのイメージがあるかもしれませんが、置き換えダイエットに利用する方も増えています。

【メリット】

  • 低カロリー
  • 低価格
  • 甘くて満腹感あり

【デメリット】

  • 栄養価が低い

フルーチェの最大の魅力は低カロリーで低価格です。100円ショップとかでも売られていて、4袋200円程度が相場です。

ただ、残念ながら栄養価が低いです。主にビタミン類・タンパク質が不足するので、牛乳やフルーツなどと合わせて食べたいところです。ただ、そうするとコストメリットがなくなってしまいますね。

他の食事でしっかりと栄養が取れているのであれば、朝食の置き換えダイエットにありかもしれません。

結局どれが優れているの?

疑問

ここまで9食品のメリットデメリットについて簡単にまとめてきましたが、どれが最も優れているのでしょうか。

非常に難しい所ではありますが、やはり酵素ドリンクをおすすめしたい・・・と思います。

【酵素ドリンクをおすすめする理由】

  • 酵素ドリンクでは現代人に不足しやすい野菜や果実の栄養補給が可能
  • 酵素ドリンクは発酵された栄養素が入っており吸収効果が高い

ただし、この理由はあくまでも「よい」酵素ドリンクを選んだ場合の話です。置き換えダイエットは、酵素ダイエットでも推奨されるダイエット方法であり、酵素ドリンクを活用することで、酵素ダイエットを実現することが可能です。

あくまでも、良い酵素ドリンクを選べば・・・の話ですがね。では、どんな酵素ドリンクを選ぶのが良いのでしょうか。

効果的で正しい酵素ドリンクの選び方は?

注意

酵素ダイエットの成功のためには正しいダイエット方法を実践するだけでなく、効果の高い酵素ドリンクを選ぶことも大切になってきます。

【効果の高い酵素ドリンク】

  • 無添加の酵素ドリンク
  • 特に人工甘味料が大量に入っている酵素ドリンクは危険

効果の高い酵素ドリンクを選ぶのであれば、添加物が入っていない、もしくは入っていても少量の酵素ドリンクを選びましょう。添加物は体内の酵素の働きを邪魔する「酵素阻害剤」となりますし、代謝できないため「老廃物」にもなります。

参考:酵素阻害剤とは?

添加物の中でも、人工甘味料が豊富なものは特に危険です。人工甘味料で味が調えられていると、酵素ドリンクで最も重要な「植物発酵エキス」の量が減らされてしまいます。つまり、薄められた状態ということです。

そのため、できるだけ無添加の酵素ドリンクを選び、最悪でも人工甘味料が入っていない酵素ドリンクを選びましょう。

お勧めできる酵素ドリンク

では、具体的にどれがお勧めの酵素ドリンクなのかをお伝えしていきます。

商品名 価格 1杯辺り価格 添加物有無
優光泉 7,992円 145円 無添加
野草専科 2,940円 245円 無添加
毎日酵素 6,980円 388円 無添加
お嬢様酵素 4,980円 198円 添加物あり
ベジライフ 5,100円 204円 添加物あり
ベルタ酵素 5,080円 286円 添加物あり
酵水素328選 5,120円 341円 添加物あり
ローヤルエンザミン 7,560円  466円 添加物あり

※価格はすべて税込み価格・単品購入
※商品名から公式サイトへ飛びます。

この中でお勧めなのは優光泉です。

【優光泉がお勧めの理由】

  • 1杯辺りの価格が安い
  • 完全無添加
  • おいしさ調査もランキング2位
  • 30日間の返金保証付き

おいしくて安くて無添加ということなしです。30日間返金保証もうれしいですしね。

優光泉公式ページ

編集部員が優光泉でダイエットに挑戦しました

おすすめNo1の優光泉を実際に編集部員が体験してみました。まずは結果からお伝えしますね。

ダイエット写真

特に脚痩せ効果が高かったので、脚の画像を取ってもらいました。写真だと伝わりにくいかもしれませんが、膝周りのお肉の付き方がだいぶ変わっているのが分かるのではないでしょうか。

では、どんな方法で、どれくらいの成果だったのかをまとめてみましょう。

【成果/実施方法】

  • 体重:51.0kg⇒45.0kg
  • 期間:3ヶ月
  • ダイエット方法:毎朝優光泉を飲む置き換えダイエット

これだけの方法で、痩せることに成功したといっています。身長は155cmなので、51.0kgでもそこまで太っていたわけではないのですが、脚が太いことが少し気になっていたので、優光泉のダイエットに成功して喜んでいます。

ダイエットの体重変化

返金保証付き・無添加の優光泉詳細を確認してみる