酵素は胃で分解される
酵素は摂取したところで、ただのタンパク質なので意味はないよ、という意見を見たことがあるかもしれませんね。

この意見は、本当なのでしょうか。

酵素はタンパク質

酵素というのはタンパク質の一種である、というのは紛れもない事実です。タンパク質というと、何となく「筋トレに有効」なんてイメージがあるかもしれませんが、タンパク質にはいろいろなものがあるんですよ。

【タンパク質の例】

  • 酵素
  • コラーゲン

酵素以外にもみんなが知っているコラーゲンもタンパク質の一種です。

ちなみに、タンパク質はアミノ酸の塊なので、分解されるとアミノ酸に変わるんですね。

酵素の役割は?

役割
酵素はタンパク質だからといって、ただの栄養というわけではありません。酵素という物質に、特別な働きがあります。

酵素は触媒の働きをして、様々な「有機反応」を引き起こしてくれます。

【酵素が引き起こす反応の例】

  • 消化
  • 新陳代謝

ここで出した2つの例は、消化と代謝です。分解することと構築することの一見すると相反するものに見える役割を持っているんですね。

酵素というものはものすごい数の種類があるので、その役割はいろいろです。なので、消化と代謝のどちらも行うものがある、という理解でOKですね。

ただし、酵素自体が消化や代謝をするのではなく、菌などの微生物が酵素を「触媒」にして、分解や構築を行います。

酵素を補給する効果は?

酵素補給

酵素ってどんなものなのか、ざっくり分かったと思いますが、酵素を補給すると、どんないいことがあるのでしょうか?

酵素は体内で作られる酵素と、食物からとれる「食物酵素」に分けることができますが、酵素補給できるのは「食物酵素」です。なので、食物酵素を補給すると、どんな効果があるのか、が知りたいポイントですね。

【食物酵素を取る効果】

  • 食物自体の自己消化を行ってくれる
  • 胃の中の食事の消化を助けてくれる

食物酵素の役割は消化を助けてくれることです。例えば、野菜に含まれいてる酵素は自分自身を消化する力があるので、自己消化効果がありますね。

野菜や果実を放っておくと腐っていくのは、酵素による自己消化が関係しています。分解されている感がありますよね?

自分自身の消化を行う力のほかにも、胃の中に食事が溜まっていれば、他の食事も一緒に消化してくれる、と考えられていますね。

酵素は体内のどこで力を失うのか?

失う
酵素には消化を助ける力がある、というのが分かったと思いますが、一方で酵素は体内に入ると力を失ってしまう、という意見がありました。

じゃあ、体の中のどこで酵素後からは失われているのでしょうか。

【酵素の働ける環境】

  • 温度:
  • pH:

酵素が働けるのは、こんな環境だといわれています。酵素は無数に種類があるため、すべてがこの範囲とは限りませんが、大多数の酵素はこの範囲でないとうまく働けないと考えてOKです。

そうなると・・・体の中で最初に酵素を壊してしまいそうなのは「胃」ですね。胃は胃液という酸性の液体を分泌する場所なので、酸性に弱い酵素は働けなくなる、といえるでしょう。

そう考えると、酵素は「胃に食物が残っている状態」じゃないと、存分に効果を発揮できないということが分かります。胃液で分解される食物の分解を助けるのが酵素の働きだと考えればOKというわけです。

酵素のダイエット効果は?

酵素ダイエット
酵素は胃の食物の消化を助ける効果がある、ということは分かりましたが、ダイエットには効果がないの?と疑問に思いませんでしたか?

「酵素=ダイエット」というイメージがあるので、消化に良いといわれてもダイエット効果が結びつきませんよね?

実は消化に良い・消化を助ける、ということはダイエットにも良い効果を発揮します。特に酵素栄養学では、消化を助けることが「体内酵素の活性化」につながると考えられているんですよ。

消化酵素と代謝酵素が体内ではあるのですが、実は消化酵素の使い過ぎが代謝酵素の働きを邪魔してしまうと考えられています。

潜在酵素の関係性

参考:酵素ダイエットで痩せるメカニズム

消化を助ける「食物酵素」の働きはダイエットに良い効果を生んでいるんですね。

酵素ドリンクは酵素補給で痩せているわけではない

ドリンク
酵素でダイエットといえば、一番有名なのが酵素ドリンクですよね?

でも実は「酵素ドリンクには酵素補給効果はない」と考えられています。先ほど説明した酵素の働ける環境を覚えていますか?

あまり酵素は高熱には耐えられないということが分かっていましたね。

しかし・・・酵素ドリンクは法律で高熱の殺菌処理が義務づけられています。なので・・・酵素は死んだ状態になっているんです・・・。

じゃあ、なんで酵素ドリンクで痩せるのかというと・・・

「発酵された低分子栄養を補給することが消化に優しいから」

なんです。

酵素ダイエットで痩せる理由は「消化酵素を浪費しなくて済むから」でしたね。酵素ドリンクは、食べ物自体の消化を助けるのではなく、食べる(飲む)前から分解されたものを飲んでいる、ということになります。

実は酵素ドリンクは長期間熟成発酵された植物のエキスで出来ていて、酵素と菌により野菜や果実が細かく分解されています。なので、飲む時点ですごく体に吸収しやすい栄養になっているんです。

参考:酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクの痩せる飲み方は?

酵素ドリンクは、低分子で吸収しやすい栄養が入っていますが、ただ飲むだけだと痩せる可能性は低い・効率が悪いです。

酵素ドリンクを使って痩せたかったら、ダイエットに取り組む必要がありますよ。

【酵素ドリンクで痩せるなら】

  • 置き換えダイエット
  • ファスティングダイエット

このどちらかがおすすめです。この2つの方法は、酵素栄養学の考え方にも沿った方法で、ダイエット効果のほかにもデトックス効果も期待できますしね。

参考:酵素ダイエットのやり方・飲み方・痩せ方

生酵素サプリは酵素補給で痩せる

サプリ
酵素といえばドリンクだけでなく「サプリ」もよく見かけますね。サプリの場合は酵素が活きた状態で含まれているものも存在します・・・が、死んでるものも存在します。

【酵素サプリの見分け方】

  • 「生」酵素サプリ:酵素が活きてる
  • 酵素サプリ:酵素が死んでる可能性大

ポイントは「生」かどうかです。

「生」とつく酵素サプリは長期間熟成発酵させた植物エキスをペースト状にしてカプセル化しています。ペースト状にするのに自然乾燥、もしくは低温乾燥で行うため、酵素の敵である「熱」にさらされる心配がありません。

一方で、「生」とつかないサプリの場合は、熟成発酵させたエキスを高温で粉末化しているため、酵素が死んだ状態になっています。

酵素を補給して「食事の消化を助けたい」と考えているなら、生タイプのサプリを選ぶようにしてください。

参考:生酵素サプリランキング

酵素サプリの痩せる飲み方は?

酵素サプリを飲んで痩せたかったら、酵素の力をフルに発揮できるタイミングじゃないといけません。ただ飲むだけだと、酵素は分解されて酵素としての働きを得られないですからね。

【サプリで痩せる飲み方】

  • 食事の直前に飲む
  • 水と一緒に飲む

酵素サプリは胃に食事が入る直前に飲むのがおすすめです。早すぎても消化されてしまうので、直前がいいですね。

飲むときは水と一緒に飲みましょう。水を飲むと、実は食欲を抑える効果もあるので、無駄な食べ過ぎを防ぐこともできますからね。

酵素ドリンクとサプリはどっちが痩せるの?

どっちが痩せる

酵素ドリンクと酵素サプリのそれぞれの特徴はなんとなくわかりましたね。

【酵素ドリンク&サプリの特徴をおさらい】

  • ドリンク:低分子で栄養補給できて消化に優しい
  • サプリ:胃の食物を酵素を働きで分解してくれる

じゃあ、どっちが効果的かといえば・・・早く痩せたかったらやっぱり「酵素ドリンク」の方がおすすめです。

酵素ドリンクで痩せたいなら、置き換えダイエットやファスティングダイエットに取り組む必要はありますが、取り組んだらその分だけ、ちゃんと効果を発揮してくれます。

実際に、3か月間「優光泉」という酵素ドリンクで置き換えダイエットに挑戦しただけで、ちゃんと痩せることができましたからね。

参考:優光泉のモニター評価とダイエット体験談

酵素サプリの魅力は置き換えダイエットすらやる必要がない、直前の飲むだけでよい、というところですが、日々の地道な積み重ねなので、すぐには効果を実感できにくい、というのがネックかもしれませんね。

まとめ

酵素は胃の中で分解されてしまう、というのは本当の話ですが、飲み方・取り方によっていろいろな効果があることが分かったと思います。

酵素サプリを取れば酵素の力を利用できますし、酵素ドリンクを飲めば、体内酵素の活性化につながるので、好きな方を選んでみるといいですね。