嬉しい効果

酵素ダイエットの中でも最も効果が高いといわれているのが、プチ断食、ファスティングダイエットです。

では、実際にファスティングダイエットにはどのような効果があるのか8つお伝えしたいと思います。

酵素(ファスティング)ダイエットの8つの効果

今回お伝えするのは効果は酵素栄養学に基づいた酵素ファスティングを実施する場合の効果についてです。ファスティングダイエットは断食を行う手法ですが、完全に飲み食いしないわけではありません。

飲み物の摂取は推奨されていますし、酵素ドリンクを摂取していきます。消化器官に負荷をかけないことで、体内の消化器官を休めることで、本来の酵素の力を取り戻すことができる手法です。

また、ファスティングダイエットの効果を記事にするにあたり「酵素が太らない体を作る」を参考にしており、書籍以外からも情報を集め真偽性を確かめたうえで発信しています。

①代謝の向上

代謝が割ることは肥満の根本原因であることは、皆さんもご存知かと思いますが、代謝は様々なことを指しています。肥満に関する部分でいえば、主に糖質をエネルギーに変えることを代謝と呼び、代謝が悪いと糖質をエネルギーに変えられず、血糖値が上がることで脂肪細胞が増えてしまいます。

参考:糖質摂取過多で太るメカニズム

その他にも、細胞の入れ替わりである新陳代謝や、ホルモンの生成も代謝の力です。

酵素栄養学では消化酵素の節約が代謝の向上につながると考えられています。消化酵素と代謝酵素は両者合わせた合計数が、一定しか存在できないと考えられており、消化酵素が働き過ぎれば消化酵素が働けないといわれているからです。

潜在酵素の関係性
参考:酵素とは?種類・働き・概要

つまり、ファスティングによる消化酵素の休みを与えることで、代謝酵素がスムーズに働けるようになり代謝が良くなると考えられています。

②血液がサラサラになる

血液がドロドロの原因は血液中に余分なものが存在しているためです。余計なものとは、老廃物であったり糖質、コレステロールなどが該当します。

ファスティングにより、代謝酵素が活性化されると血中の余計な糖質は代謝によりエネルギーに変わりやすくなり、血糖は少なくなります。

また、血管内の栄養素や酸素などの必要なもの、老廃物や二酸化炭素などのいらないもの、このどちらも運んでくれるのが赤血球の役割です。そして、赤血球を作り出すのが体内の代謝酵素の働きです。つまり、代謝酵素の働きを高めることで赤血球が増え、血液の不要なものを排除してくれるようになるんですね。

血管の壁にギッシリと張り付いた赤血球を、切り離して血液の中に落として流れるようにするハサミがあります。

「ADAM8」

と呼ばれる体内酵素なんです。

引用:大高酵素

③臓器の機能回復

ファスティングダイエットは消化器官を休めることになるため、消化器官の機能回復が見込める、と想像するかと思いますが、消化器官だけではなく他の臓器も機能回復効果が期待できます。

②の例で挙げた血液に関係しますが、血液がサラサラになることで不要物、いわゆる毒素や老廃物の排除もスムーズになるため、消化器官以外の臓器も機能回復が見込めます。

また、普段代謝酵素が十分に働けていなかったため、衰えてしまった細胞たちも活性化されるきっかけになるので、臓器回復効果が見込めます。

④日常生活が快適になる

ファスティングダイエットでは質の良い睡眠がとれるようになります。人間の生体では夜8時~午前4時は吸収と代謝の時間です。

酵素の人体リズム
参考:酵素とは?種類・働き・概要

ファスティング時の睡眠は、夜の時間帯が吸収と代謝に集中できる状態になるため、普段とっている睡眠と質がよくなります。睡眠の質が良くなり、吸収と代謝が効率よく行われることで、疲れが取れたり朝の目覚めが良くなるなどの効果が期待できます。

⑤生理痛・生理前の不調が軽減

生理の原因は女性ホルモンの分泌が関係しています。排卵直前、排卵直後は女性ホルモンの分泌量が著しく変化するため、頭痛や腹痛が発生するのです。

生理前に起こる頭痛には、女性ホルモンの増減に連動して起こるものが多いです。生理と関連する女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つですが、その中で頭痛に関わるとされるのが卵胞ホルモンです。

引用:ヘルスケア大学

そのため、普段からホルモンバランスが崩れている人は生理痛や生理前の不調が激しい傾向にあります。ホルモンも代謝により生成されているため、代謝が改善されることで生理痛や生理前の不調の軽減が期待できます。

⑥宿便の解消

宿便とは大腸内に溜まった便のことです。この宿便の原因については以下2つの説で分かれています。

  • 腸内の壁にこびりついた水道の錆びのようなもの
  • 腸内で排出されずに長期間残留したもの

宿便は後者の方が正しいと考えられます。腸内の壁はものがこびりつかないような構造になっているそうです。

腸はいつもさざなみのようにざわざわ動いています。ですから同じところがずっと谷ということはなく、谷になったり山になったりします。しかも、腸の壁の細胞は数日で生まれ変わって、古いものははがれて便として排出されます。

引用:All about

とはいえ、宿便とは腸内で溜まってしまった便、つまり便秘症状のことを表しています。つまり宿便というよりは便秘解消効果がファスティングにより期待できるということです。

腸の排便は筋肉の働きにより行われています。ファスティングにより腸が休まると、普段よりも活発に活動できるようになります。また普段より腸内の残留物が少ないことから、普段は残ってしまっていた残留物を集めることができる、という効果が期待できます。

⑦病気の改善

酵素ダイエット・ファスティングダイエットの効果で症状改善例が多数あるとのことです。具体的な症例等までは公開されておらず、また、病気が絶対に治るというものでもないでしょう。

ただ、体内環境が改善する、これまで登場した「血液がサラサラになる」「肥満が解消される」ということで病気が改善されることは期待できるでしょう。血糖値も下がると考えられるため、糖尿病への効果も期待してよいかと思います。

⑧腸管免疫の活性化

腸管免疫とは大腸や小腸の免疫機能です。大腸や小腸は細菌やウイルスなどの宝庫です。私たちが食べた食物は必ず小腸大腸を通ります。そのため、細菌類から腸を守る力を私たちは備えています。

しかし、先の説明の通り便秘などになっていると、腸内には不要な残留物が残っており、いわゆる悪玉菌などの排出所となってしまいます。酵素ファスティングにより腸内環境が整うことで、善玉菌が活性化され腸管免疫が向上すると考えられています。

まとめ

酵素ダイエットの中でも最も効果が高いといわれているファスティングダイエットで期待できる効果を説明してきましたが、参考になったでしょうか。

ファスティングダイエットは週末だけのプランや、1日からでもできるプランなど様々です。ぜひ一度体感してみましょう。具体的なダイエットプランも用意していますので、参考にしてください。

参考:10kg痩せる酵素ダイエットプラン
参考:酵素ダイエット1ヶ月プラン
参考:酵素ダイエット2週間プラン
参考:長期的に痩せる酵素ダイエットプラン
参考:1週間で痩せる酵素ダイエットプラン