大根おろし

酵素ダイエットには大根おろしが効果的、という噂を耳にしたことがあるかもしれません。もしくは、大根ダイエットという言葉も一部では囁かれています。

果たして大根おろしは酵素ダイエットに効果的なのでしょうか。噂の真相・真実に迫ります。

大根おろしが酵素ダイエットに効果的といわれる理由

酵素栄養学の権威、鶴見隆史さんの著書「酵素が太らない体を作る」の中でも大根おろしは勧められています。

また、MAGAZINE HOUSE MOOK社の「酵素ダイエット」という本の中でも、大根の効果について特集が組まれているほど推されています。

では、実際に大根のどのような部分が酵素ダイエットにお勧めされているのか、確認してみましょう。

①食物繊維

大根に含まれる食物繊維が酵素ダイエットに効果的といわれています。

食物繊維がダイエットに良いというイメージは多くの方がお持ちだと思いますが、食物繊維の効果は排泄の助けとなること、腸内環境を整えることといわれています。

参考:食物繊維が酵素ダイエットに推奨される理由

食物繊維は、体に吸収されないものといわれていて、小腸まで消化されずに届きます。そのため、食物繊維を取ることで食品の消化器官の流れをゆっくりにしてくれて、消化残りを防いでくれる効果があります。

また、小腸に届いた食物繊維は、次の消化器官である大腸で発酵されます。大腸に住む菌が食物繊維を発酵させ、乳酸やメタンガスを発生させます。

これらの物質は大腸内の悪玉菌を退治するのに役に立つため、腸内環境をきれいにしてくれるのです。

②食物酵素

大根を生で食べた場合に限りますが、食物酵素がふんだんに含まれています。もちろん、他の野菜でも食物酵素が含まれていることには変わりありませんが、大根の場合はすりおろして食べる大根おろしという食べ方が主流となっており、食物酵素を摂取しやすいのは一つの利点です。

特に大根の場合は「イソチオシアネ―ト」と、「アミラーゼ」という酵素物質が含まれていることが分かっており、炭水化物の消化も助けてくれることが分かっています。

食物酵素の働きは酵素栄養学では、消化酵素の節約につながるため推奨されています。体内には、消化酵素と代謝酵素があり、消化酵素が多く働いていると代謝酵素が働けず、代謝が悪化すると考えられています。

そのため、食物酵素を摂取してあげて、少しでも体内の消化酵素利用を減らしてあげることが、大切だといわれているのです。

食物酵素の働き

大根おろし摂取の注意点

  • 1回1cm程度にすること
  • 皮ごとおろすこと
  • 食事の前に摂取するのが最も効果的である
  • 大根おろしの作り置きはNG

①1回1㎝程度

1日6cm取ることを推奨しているサイトもありますが、酵素ダイエット本では1回1cmを推奨しています。1回で多くの大根おろしを摂取し過ぎてしまうと、食物繊維が豊富すぎるため、腸に溜まり過ぎてお腹がポッコリとしてしまうとのことです。

【1日6cm推奨しているサイト】

大根は水分量が多いので毎日6cmも食べれば満腹感も増して食事量はある程度コントロールできる上、代謝がよくなることでむくみなども取れます。

引用元:http://googirl.jp/biyou/693namadaikon471/

6cm摂取してもよいですが、一回で摂取する量はそれほど多くしない方が安全でしょう。

②皮ごとおろす

また、大根の皮の部分に栄養素が詰まっている傾向にあるため、皮ごとおろすのが良いと推奨されています。皮の部分は農薬などもついているので、よく洗ってからおろすか、無農薬野菜を仕入れて大根おろしにしましょう。

③摂取タイミング

最後の摂取タイミングですが、食物酵素の力を最大限に利用するには、食事摂取の前に大根おろしを取るのが効果的です。食物酵素は消化の助けをする酵素なので、何か消化するものがある方が効果的です。

食事の後では、すでに消化器官に食物が流れてしまった後なので、思うような効果が得られないでしょう。

④大根おろしの作り置きはNG

大根おろしを作り置きすることで、酸化が始まり効果が薄くなるとも言われています。食物酵素である、「イソチオシアネ―ト」と、「アミラーゼ」という成分は大根の辛さを作っている成分でもあり、大根おろしの辛みが無くなっていれば、食物酵素は失われていると考えた方がよいでしょう。

酵素ダイエットとの組み合わせ

酵素ダイエットの定義次第ですが、一般的に考えられている酵素ドリンクを利用したダイエットとの組み合わせは効果的と考えられます。

酵素ダイエットの方法は目的毎に詳しくに実施方法を掲載しておりますが、いずれの方法でも普段の食事に生野菜や果実の摂取を推奨させていただいています。

参考:酵素ダイエットの3つの手法と2つの共通概念
参考:10kg痩せる酵素ダイエットプラン
参考:酵素ダイエット1ヶ月プラン
参考:酵素ダイエット2週間プラン

①ファスティングダイエットの場合

先ほども説明しましたが、生野菜の摂取は食物酵素の摂取につながり、消化酵素を休ませてあげる効果があります。

ファスティングダイエットの場合は、プチ断食を行う前後に準備期間・復食期間を設けており、そこでの食事には生野菜・果実の摂取を推奨、置き換えなら昼食・夕食に生野菜をできるだけ摂取することが推奨されます。

そのため、酵素ダイエットのファスティングダイエットでは、準備期間・復食期間の食事として摂取するのに適しているといえるのではないでしょうか。

②置き換えダイエットの場合

置き換えダイエットの場合は、朝食の代わりに酵素ドリンクを飲みますが、昼食・夕食はファスティングダイエットの準備期間・復食期間と同じように生野菜を大目に摂取したり、少し量を減らしたメニューを推奨しています。

そのため、同様に大根おろしを摂取して食物酵素を摂取することは置き換えダイエットにおいても有効といえるのではないでしょうか。

結論:大根おろしは酵素ダイエットに効果的

大根おろしは酵素ダイエットに適しているという噂は本当といってもよいでしょう。生野菜の摂取は酵素ダイエットでは推奨されていているからです。

ただし摂取する場合は、説明した通りの注意事項を守りながら摂取しましょう。

  • 1回1cm程度にすること
  • 皮ごとおろすこと
  • 食事の前に摂取するのが最も効果的である
  • 大根おろしの作り置きはNG