玄米

酵素ダイエット(ファスティング)では玄米を食べることがよい、という噂を聞いたことがあるかもしれません。

果たしてこの噂は本当なのでしょうか。真相・真実に迫りたいと思います。

ファスティングダイエット中に玄米を食べてよいという根拠

玄米はファスティングダイエットの準備期間と復食期間にお勧めされる場合が非常に多いです。ファスティング中に玄米を食べてもよい、というわけではありません。

例えば、MAGAZINE HOUSE MOOK社から販売されている「酵素ダイエット」という書籍のP50、P55の中でも、玄米を利用したレシピを公開しています。

また、インターネット上でもお勧めしている方が非常に多いのです。

まず回復食としていちばんはじめに食べるべきなのが「玄米粥」です。玄米は白米とくらべてビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富にふくまれており、それをやわらかく消化しやすい状態にしたお粥は回復食として最適なメニューです。

引用元:http://www.ha-beauty.jp/recipe_140526/

特に、お勧めされているのが「お粥」です。お粥の中でもできれば「玄米粥」にしましょう、という論調の意見が多くみられます。

玄米が回復食に勧められる理由

玄米が回復食に勧められるのにはいくつか理由があります。

  • 栄養価が高い
  • 低GI食事である

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①栄養価が高い

玄米は通常の白米よりも栄養価が高いといわれています。

玄米とは?
引用元:全国有機農法連絡会

玄米とはご覧いただいた通り、白米にする前の状態のお米のことです。

米を収穫した際、通常は見栄えを気にして白米にしています。しかし、実は白米にする上で、そぎ落としたいわゆる殻の部分に、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素が豊富に含まれていんですね。

回復食を食べるタイミングというのは、ファスティングによりデトックスされた状態で、栄養価の吸収が非常に良い状態といわれています。

そのため、栄養価が高い食品を摂取してあげるとで、ダイエットの効果が高まるんですね。

回復食で食べると、ファスティング・断食で最高の腸内環境になり、吸収力も高くなったところに玄米、古代米、豆、蕎麦などの食物繊維とポリフェノール、ミネラル、ビタミンを摂る事で乳酸菌を最高に増やし、善玉菌を増やす事で、免疫力も高くなり、細胞を元氣にしてくれます。

引用元:ナチュラルラボ株式会社

引用させていただいたサイトでは、玄米だけではなく、豆やそばなどを含めたオリジナルレシピの効果を紹介しています。

ここに書かれている通り、特に腸内環境はファスティングによりきれいになっている状態なので、このタイミングで善玉菌を増やしてあげると、効果が一層高まります。

②低GI食である

GIとは血糖値が上がる早さを表した指標であり、高ければ高いほど脂肪がつきやすい食材、といわれています。

血糖値は、ブドウ糖が血液中にどれくらい含まれているかを表した数値であり、炭水化物や砂糖類などがGI値は高くなります。

白米部分の主成分は炭水化物ですが、殻の部分はビタミンやミネラル分を多く含んでいるため、玄米は白米の半分程度のGI値といわれています。簡単に言ってしまうと、玄米は白米の倍くらいヘルシーな食べ物ということです。

血糖値の上昇というのは、太る大きな原因です。

血糖値が上昇すると体内でインスリンというホルモンが分泌して、血糖値を下げるように命令を下します。そうなると、周りの細胞は血糖を吸収し脂肪細胞へと変わってしまうのです。

脂肪ができるメカニズム
参考:糖質摂取過多で太るメカニズム

ファスティング後は、体内がデトックス効果で老廃物が排除され血の巡りが良くなった状態です。その分、糖質の吸収も早くなっているので、ファスティング直後に高GI食品を食べることは推奨はされません。

玄米が推奨なのか?お粥が推奨なのか?

多くのサイトで勧められているのは「玄米粥」です。回復食では「玄米」を食べようではなく「お粥」を食べましょう、と推奨しているサイトが多いでしょう。

回復食1日目の朝食は、おもゆからスタートしましょう。
お米に対して、10倍の水で炊いたおもゆに、梅干しを1粒落としていただきます。

引用元:http://www.galerie-eveche.com/%E6%96%AD%E9%A3%9F_%E5%9B%9E%E5%BE%A9%E9%A3%9F/

こちらは、お粥よりもさらに水分量を高めた「おもゆ」を勧めています。

しかし、玄米粥を進めているサイトも見られます。

★玄米ではなく白米を使ったレシピが多数掲載
クックパッドに投稿されているレシピを見ていると白米を使った重湯がよく紹介されているのですがこれもイマイチですね。

白米のおかゆ自体は決して悪くは無いのですが、酵素ファスティング後の回復食としては、ビタミンとミネラルと食物繊維がより豊富に含まれている玄米食のほうがおすすめです。免疫力も高まり細胞を元気にしてくれます。

引用元:http://rakuyase-diet.jp/archives/2821

玄米に含まれる栄養素がダイエット・健康に効果を発揮するため、白米ではなく玄米を推奨しています。
※ただし、クックパッドで「回復食」を調べると、それほど白米のお粥のレシピが出てくるわけではありません。

様々なサイトを見ていると、「お粥」は必須としている方が多いですが、玄米まで必須にしている人は少ないということが分かります。

つまり、多くの人の見解は「回復食はお粥にすべき、できれば玄米の方がよい」という認識を持っている、ということでしょう。

お粥が推奨されている理由

回復食で意識したい点は主に以下の点です。

  • 休んだ消化器官に突然負荷をかけないこと
  • 栄養の吸収が良い状態なので、脂肪のもとを摂取しないこと

お粥はお米を水でふやかした状態であり、消化に良いということは皆さんもご存知かと思います。つまり1点目は満たしていると考えてよいでしょう。

では2点目はどうでしょう。白米というのは、先ほど説明したGI値が玄米に比べ高い、つまり太りやすい食べ物です。

白米を通常通り食べれば、私たちが考えている以上に糖分を摂取することになり、リバウンドしてしまうかもしれません。

そのため、白米をそのまま食べるのを避け、水で量増ししてごまかしている、というのがお粥になるというわけです。このように考えると、お粥が回復食として選択されるのは、理に適っているといえるのではないでしょうか。

まとめ

酵素ダイエット(ファスティングダイエット)で玄米を食べることがお勧め、というのは真実と考えてよいでしょう。

  • 回復食は消化器官に負担をかけないものを選ぶ
  • お粥は消化器官に負担をかけないのでお勧め
  • 玄米で作れると栄養も補給できるのでベター