断食

酵素ドリンクで断食を行おうとした場合、1週間断食を行うことは可能なのでしょうか。

1週間断食を行った、1週間で5kg痩せた、などという噂もインターネット上では見られますが、果たして噂の真相・真実はどうなのでしょうか。

酵素ドリンク断食1週間実施者の声

断食をほぼ1週間実施する、という体験者がインターネット上には見られます。

【酵素ドリンク断食1週間の体験の声①】

準備1日・復食1日で、中5日は完断食したってぇ事か。うひゃひゃ。
案外と途中からホントに食べなくてよくなったwどぉーでもよくなったw

しかし、食への執着とネットへの執着はなくなった(だから、この間のつぶやき0で、まとめレポになっているw)モンの、別に掃除は大してはかどっておらずorz
うーん、どういう事だ。

で、体重の方だけど。1週間で約-3kg減。

出典:http://plus.himote.in/blogs/viewstory/22930

【酵素ドリンク断食1週間の体験の声②】

体重の変化メモ見つけた!

57.7kg→56.5kg→55.0kg→54.1kg→53.6kg→52.9kg→52.3kg

出典:http://world-fusigi.net/archives/7723692.html

どちらの方も本当には実施していない可能性はありますが、約1週間で3kg~5kgの減量に成功しています。

これだけ見ると、1週間毎日、酵素ドリンクで断食をしてみようか、と考える方も出てくるかもしれませんが、本当に実施可能なものなのでしょうか。また、危険性はないのでしょうか。

両者の体験談の危険性を確認していきましょう。

①準備期間が短いことのリスク

準備期間
先ほどの例で出した2つの体験談は、準備期間ほぼ0で酵素ドリンクのみを飲む生活を始めています。

準備期間を設けないと、どのようなリスクが起きるのか、ご存知ない方も多いかもしれませんが、突然体に食事が入らなくなることで「低血糖」の症状を引き起こすリスクが増します。

【低血糖で起きる症状例】

  • 頭痛・めまい
  • 動悸・息切れ
  • イライラする

唐突に食事の量を減らせば(断食すれば)、体のブドウ糖の量が突如下がってしまい、体は異常とみなしてしまいます。

防ぐために準備期間を設けて、準備期間中は普段の食事の6~8割程度で慣らしてあげる必要があるんですね。

運動をする前に、準備運動を行わないと、怪我するリスクが高まるのと似ています。

低血糖症と好転反応を混同する可能性もある

酵素ドリンクで断食を行う場合、好転反応が起きる、というのを聞いたことがあるかもしれません。

好転反応とは「体がよくなろうとして毒素を排出している状態」と説明され、一時的な体調不良を起こすものといわれています。

しかし、好転反応自体は正式な医療用語というわけではなく、最悪の場合は詐欺にも利用される言葉です。

好転反応が本当に発生するのかは、真偽不明なところがあります。ただ、酵素ドリンクで断食を行うと、一時的に体調が悪くなるが、その後体がスッキリする、という方が多数いるのはというのは事実です。

好転反応と低血糖症との違いは素人にはわかるものではないため、できるだけ低血糖症状を発生させない方がよいでしょう。最悪の場合は意識をなくす場合もあります。

低血糖にならないために断食中は酵素ドリンクを良く飲む

低血糖症状は血糖が足りない、つまりブドウ糖が足りない状態です。人間の活動を支えるエネルギーの主原料はブドウ糖であり、ファスティング中でも不要というわけではありません。

酵素ドリンクには最低限のブドウ糖は含まれているため、お腹が減ったら酵素ドリンクを飲む、ということを繰り返すと低血糖を防げる確率は上がります。

しかし、人工甘味料が含まれている酵素ドリンクでは効果が半減します。人工甘味料は、ブドウ糖からできているわけではなく、ブドウ糖の代わりに飲料に甘味をつけているものです。

そのため、いくら摂取してもエネルギーに変わることはありませんし、体の中に不要なものをため込むだけになってしまいます。

参考:酵素ドリンクの選び方

②断食中の栄養量

栄養量
酵素ドリンクのみを摂取していると、どうしても栄養不足なってしまいます。

【不足する栄養素】

  • タンパク質不足
  • 塩分不足
  • 脂質不足

酵素ドリンクはビタミン・ミネラルは豊富に含まれていますが、タンパク質や塩分・脂質が足りません。

これらの栄養素は人間の体を支える上で必要なものであり、ダイエット中だから摂取しなくてよいというわけではないのです。

通常、断食期間は「1日~3日」程度を推奨していますが、1週間もの期間断食を勧める方は、ほとんどいないでしょう。栄養不足に陥る可能性があるからですね。

1日から3日であれば、体内のデトックス(不要物の排出)に役立ちますが、1週間となると、酵素ダイエットではなく、ただの食制限ダイエットです。

酵素ダイエットと食制限ダイエットの違いは?

断食なのだから「食制限のダイエットと変わらない」とお考えの方も多いと思いますが、酵素ダイエットはいわゆる食制限によるカロリー量を減らすダイエットとは考え方が異なります。

酵素ダイエットは酵素栄養学に基づき、酵素の働きを活性化させることを目的としています。

酵素栄養学では、体内には消化酵素と代謝酵素があり、消化酵素が働きすぎていると代謝酵素が働けないと考えられています。

そのため、消化酵素の働きを抑えてあげることで、代謝酵素を活性化させ代謝を改善しよう、と考えられているのです。

潜在酵素の関係性
参考:酵素とは?種類・働き・概要

酵素ダイエットにおける断食は、体内の消化酵素や消化器官を休ませてあげることで、代謝改善することを目的としています。

休ませてあげることで、代謝酵素は活性化します。

また体内がデトックスされるため、血流が良くなり栄養を吸収しやすくなる、とも考えられています。そのため、酵素ダイエットの断食は「準備期間~断食~復食期間」が設けられており、すべてをこなして、初めて「酵素ダイエット」になります。

【酵素ダイエットのイメージ】
ファスティングの例
参考:酵素ダイエットの3つの手法と2つの共通概念

一方で、食制限のダイエットは単純にカロリーを減らすことだけを考えたダイエットです。

そのため、食べなければ食べないほど痩せますが、脂肪と一緒に筋肉も燃やしていて、代謝の改善にはつながりません。

似たようなことを実施している、と見えても実は論理が違うので、断食を行うのであれば、酵素ダイエットのやり方や、酵素栄養学に基づく酵素ダイエットの考え方を学んでから実施することをお勧めします。

参考:酵素ダイエットの正しい実施方法とは?

まとめ

酵素ドリンクの断食を1週間行うことの危険性についてご説明してきましたが、参考になったでしょうか。

  • 準備期間不足の断食は低血糖の恐れあり
  • 1週間酵素ドリンク断食を行うと栄養不足の恐れあり
  • 1週間断食を行うことを酵素栄養学では推奨していない
  • 「準備期間~断食~復食期間」まで合わせて酵素ダイエットである

1週間断食を行う、体験者の声は確かにありますが、あまり推奨できるものではありません。1週間で痩せたいと考えるのであれば、準備期間と復食期間をきちんと設けた「酵素ダイエット」で行いましょう。

参考:1週間で痩せる酵素ダイエットプラン

また、酵素ダイエットは断食を行う、というイメージが強いかもしれませんが、実は断食を行わずとも痩せることも可能です。実際に、断食を行わない酵素ダイエットに編集部員が挑戦しましたが、痩せることができました。

⇒3ヶ月でどれだけ痩せた?正しい酵素ダイエットの方法と実践結果!