メタボ

酵素ドリンクでメタボリックシンドロームが改善する、という噂を耳にしたことがあるかもしれません。

酵素ドリンクはダイエット飲料なのだから当然、と思うかもしれませんが、果たして本当なのでしょうか。真相・真実に迫ります。

メタボリックシンドローム改善に効果的という見解

まずはインターネット上の見解を確認してみましょう。

新陳代謝が落ちてしまい、それが原因で現代病とも言われるメタボリックシンドロームになることも結構あります。
特にもともとの基礎代謝が落ちてくる中年になると、よりお腹周りに脂肪がつきやすく、メタボになりやすくなります。
そんなときにも酵素ドリンクで代謝をアップしてメタボ予防と、もし既にメタボになってしまった方は改善をしましょう。

出典:http://xn--pck8b5eobz180asihn3iiv7eoiwb.com/effect/mens/

メタボリックシンドロームは肥満・ダイエットとほとんど同じ、といえなくもないので、当然効果がある、という見解が多いのは確かでしょう。

それでは、何故酵素ドリンクがメタボリックシンドロームに効果があるといわれているのか、もう少し詳しく解説していきたいと思います。

酵素ドリンクの効果

酵素ドリンクは、ダイエット食品として非常に有名であることから、飲むだけで痩せるのではないか、と考えている方もいるかもしれません。

ただ、残念ながら飲むだけでは、メタボリックシンドロームへ効果を発揮することはありません。大切なのは、酵素ダイエットを行うことです。

酵素ダイエットとは?

酵素ダイエットとは酵素栄養学に基づいた、体内の代謝酵素を活性化させるダイエット方法であり、酵素ドリンクを飲むだけ、ではありません。

酵素栄養学では体内の酵素を「代謝酵素」「消化酵素」に分けて考えており、消化酵素の働き過ぎが代謝酵素の働きを邪魔するといわれています。

潜在酵素の関係性
参考:酵素とは?種類・働き・概要

酵素ダイエットは代謝酵素の働きを良くするために、消化酵素の消費量が少ない食事で栄養補給するダイエット方法です。

では、酵素ドリンクが何故酵素ダイエットに利用されるかというと、酵素ドリンクの主原料が植物発酵エキスであり、消化酵素を節約しながら栄養補給できる飲み物、だからなんですね。

発酵という工程では栄養素が細かく分解されます。そのため、酵素ドリンクは体に吸収しやすい細かくなった栄養素に富んだ飲料なのです。

メタボリックシンドロームへの効果

ここまでは、酵素ドリンクの通常のダイエット効果についてお話してきましたが、メタボリックシンドローム対策とダイエットは同じ対策でよいのでしょうか。

メタボリックシンドローム(英: metabolic syndrome)とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態をいう。日本語に訳すと代謝症候群、単にメタボとも言う。

出典:Wikipedia

メタボリックシンドロームはご覧いただいた通り、単純な肥満とは少し違います。まず、肥満は肥満でも「内臓脂肪型肥満」である点、そして高血糖・高血圧・脂質異常症というものが組み合わさった点、これらが単なる肥満とは異なる点です。

日本国内ではメタボリックシンドロームの第一の要因である「内臓脂肪型肥満」は男性型肥満と呼ぶこともあり、いわゆる中年太りをしているようなお腹、とイメージするとしっくりくるでしょう。

メタボのお腹

現在日本国内では、健康診断でメタボ検診も義務付けられて(40歳以上)いますが、検診内容は「下腹部の測定」に加え「血糖値」「血清脂質」「血圧」を測定、2つのもので異常となると、メタボリックシンドロームと認定されます。

認定されると、改善を義務があるため、会社によっては、病院で診断を受けてもらう、というところもありますね。

しかし、メタボリックシンドロームがどんな病気であるのかわかったところで、結局肥満改善(ダイエット)の対策や原因と、何も変わらないのではないか、とお考えの方もいるかもしれません。では、メタボリックシンドロームの原因は何といわれているのでしょうか。

【メタボリックシンドロームの原因】

  • 脂質の多い食事
  • 野菜不足などの栄養不足
  • 運動不足
  • ストレス

ご覧いただいて、どう感じたでしょうか。

肥満の原因と、変わらないと感じたのではないでしょうか。

メタボリックシンドロームは、生活習慣病といわれていますが、有効な治療があるわけではなく、食事療法しか手立てがないといわれています。これは肥満も同じで、治療や薬で治るわけではありません。

そのため、肥満とメタボリックシンドロームの対策は、ほとんどイコールといってよいでしょう。もちろん、メタボリックシンドロームの症状、合併して引き起こす病気や進行度合いによって違うところはあるので、メタボリックシンドロームと診断されれば、医師の言いつけを守ることが最重要です。

メタボリックシンドローム対策としての酵素ダイエットの効果・具体的手段

肥満の対策とメタボリックシンドロームの対策はほとんどイコールになるということは、ご説明してきましたが、酵素ダイエットを行うとすれば、どんな手段があり、どんな効果を発揮するのでしょうか。

【酵素ダイエットの代表的手段】

  • 朝食の置き換えダイエット
  • ファスティングダイエット

参考:酵素ダイエットの3つの手法と2つの共通概念

酵素ダイエットに取り組むとすれば、このどちらかでしょう。酵素ダイエットの説明で申しましたが、ただ単に酵素ドリンクを飲むだけではダイエット効果は得られません。朝食の代わりに酵素ドリンクを飲む、ファスティングダイエットに取り組む、という方法が必要です。

これら2つは両者ともに「酵素断食の効果」があると考えられています。朝食の置き換えも、夕食から昼食まで食事をとらないので、ミニ断食効果があるのですね。

【酵素断食の8つの効果】

  • 代謝の向上
  • 血液がサラサラになる
  • 臓器の機能回復
  • 日常生活が快適になる
  • 生理痛・生理前の不調が軽減
  • 宿便の解消
  • 病気の改善
  • 腸管免疫の活性化

参考:酵素ファスティングの8つの効果

断食を行うことで、消化酵素や消化器官が休まり、体の老廃物や毒素を排除する機能がリフレッシュすると考えられています。普段は、消化器官が忙しく働いていて、輩出しきれなかった不要なものが、一斉に外に出されるイメージですね。

その結果、代謝改善効果が期待できるのもちろんのこと、血液がサラサラになったり、免疫力が向上したり、といった効果が期待できます。

酵素ダイエットで代謝が改善すると痩せるし血糖値・高血圧も改善?

酵素ダイエットで代謝が改善すれば、糖を燃やす力が向上するので、痩せるというのは自然なことです。また、糖を燃やす力は血糖にも良い影響を及ぼします。

メタボリックシンドロームの症状に一つに「血糖の異常」がありましたが、血糖改善効果が期待できるということですね。

また、それ以外のも血液がサラサラになれば「高血圧」も改善します。血液がドロドロで流れにくいことが高血圧の一つの原因ですからね。

まとめ

最後にこれまでの説明内容をまとめて終わりたいと思います。

  • 酵素ドリンクを飲むだけではダイエット効果はない
  • 酵素ドリンクを飲むことでダイエット効果がある
  • ダイエット効果はメタボリックシンドロームにも有効である

ただし、メタボリックシンドロームの方は、必ず医師の言いつけを守りましょう。ただのダイエットと、メタボリックシンドロームは違います。