道端ジェシカ
画像提供:https://4meee.com/

F1世界王者のジェンソン・バトンと結婚(一部離婚とのうわさもありますが)し、世界的なセレブといってもよい道端ジェシカさんですが、その美しさは世界も認めるところです。

そんな道端ジェシカさんは、どんなダイエットに取り組んでいて、酵素ダイエットの考えを取り入れているのでしょうか。酵素栄養学の観点から解説していきます。

道端ジェシカさんのダイエット方法

インターネット上に情報は出回っていますが、道端ジェシカさんのダイエット方法を簡単にまとめます。

  • 1日2ℓ~5ℓ水を飲む
  • 朝食はグリーンスムージー
  • 食事の順番は野菜⇒タンパク質⇒炭水化物
  • 夕食は肉類を摂取
  • 週に3回~4回のランニング
  • 体感トレーニング・ヨガは毎日実施
  • 引き寄せノート

食事の摂取方法に気を使っているだけでなく、トレーニングにも余念がありません。妹のアンジェリカさんも非常に多くのダイエット方法を実践していましたが、負けていませんね。

参考:道端アンジェリカダイエット

それでは、道端ジェシカさんのダイエット方法が酵素栄養学的な酵素ダイエットとして、どのような点に優れているのか、改善点はあるのか、それぞれ解説していきます。

酵素栄養学的な酵素ダイエットとは?

酵素ダイエットは酵素ドリンクを飲むダイエット方法である、と勘違いをしている方が非常に多いのですが、酵素ダイエットは本来酵素栄養学に基づくダイエット方法です。

酵素栄養学では酵素の働きを「消化酵素」「代謝酵素」に分けて考えています。しかし、消化酵素と代謝酵素はお互い干渉関係にあると考えられていて、消化酵素が大量に使われていると、代謝酵素が働けないと考えられているのですね。

潜在酵素の関係性
参考:酵素とは?種類・働き・概要

消化酵素を大量に使うのは、消化に悪いものを食べた時です。たとえば、お肉などを食べると消化酵素を多く使うため、太る原因になると考えられています。

また、酵素の働きは人体の生体リズムに合わせて行われていると考えられており、朝昼晩で「排泄」「栄養補給」「吸収・代謝」と分けられています。

酵素の人体リズム
参考:酵素とは?種類・働き・概要

この時間帯に合わせた食事の摂取が酵素栄養学的には優れており、ダイエット効果を生むとも考えられています。

参考:酵素ドリンクが酵素ダイエットに用いられる理由

酵素ドリンクは酵素ダイエットによく用いられますが、その理由は消化酵素を節約でき、栄養補給ができるからです。

酵素ドリンクの主原料は植物発酵エキスであり、発酵されたことにより、栄養素が分解されています。そのため、消化酵素の節約に繋がるのです。

参考:酵素・酵母・発酵の違い

また、原材料も非常に豊富なので、栄養価が高いことも理由の一つですね。

それでは、酵素栄養学および酵素ダイエットをご理解いただけたかと思いますので、道端ジェシカさんのダイエット方法が酵素栄養学としてみた時の効果や優れている点を、解説していきます。

①1日2ℓ~5ℓ水を飲む

道端ジェシカさんは水をよく飲むように心がけているそうです。5ℓは少し多すぎな気もしますが、水を大量に飲むことはデトックス効果を生むといわれています。

しかし、水を飲み過ぎると「水毒」になる、とも言われるくらいなので、適度な摂取量が良いかと思います。人間の体に必要な水分量から考えると、1日2ℓ~2.5ℓを目安にするのがよいでしょう。

酵素ダイエットでも水の摂取は推奨されており、特にファスティング中は水分摂取量に気を使いたいところです。ファスティングダイエットの目的の一つにデトックス効果があるため、水分補給は非常に重要になるのですね。

参考:酵素ダイエットの3つの手法と2つの共通概念

②朝食はグリーンスムージー

朝食はグリーンスムージーを飲んでいるそうです。Facebookやインスタグラムで度々公開されています。

グリーンスムージーは酵素ダイエットに優れた飲料です。グリーンスムージーはジュースになっていることから、消化に優しく、食物酵素も入っているためです。

食物酵素は体内の酵素とは別物ですが、役割は消化酵素と同じく食物自体の自己消化を行います。食物酵素が消化を実施するため、体内の消化酵素節約につながるのです。

食物酵素の働き

また、朝食に摂取しているのも優れている点です。朝食の時間帯は、排泄の時間帯に当たるため、できるだけ消化に負担をかけないことが望まれます。また、水分や食物繊維を含んでいるため、排泄を促す効果も期待できるでしょう。

③食事の順番は野菜⇒タンパク質⇒炭水化物

道端ジェシカさんは食事をとる順番にも気を使っているそうです。野菜を最初に食べて肉や炭水化物を食べるようにしています。

酵素栄養学の観点で考えると、野菜を先に食べることは、消化酵素の節約につながります。先ほども説明しましたが、野菜(生)には食物酵素が含まれており、他の食事よりも先に摂取することで、後から入ってきた食物も食物酵素の恩恵を受けられるのです。

④夕食は肉類を摂取

道端ジェシカさんは夕食に肉類を摂取するそうです。逆のいいかをすれば、朝や昼はお肉の摂取を控えているということですね。

栄養バランスを考えて、タンパク質摂取を行っている、過度な食事制限はストレスの原因となるため、好きな肉(想像です)を食べるようにしているのではないでしょうか。

酵素栄養学の観点では、動物性タンパク質(肉や魚)の摂取は3日に1回とれば十分とも言われますが、ストレスをためないことも重要です。

⑤週に3回~4回のランニング

道端ジェシカさんは5km~10kmのランニングを行っているそうです。酵素栄養学の第一人者である、鶴見先生の著書「酵素が太らない体を作る」の中でも、ランニングなどの有酸素運動を行うことが効果的であるといわれています。

走る距離や頻度は、ご自身のライフスタイルに合わせて行うのが良いでしょう。ウォーキングから始めるのもよいといわれています。

⑥体感トレーニング・ヨガは毎日実施

体感トレーニングやヨガはインナーマッスルを鍛えるのに効果的といわれています。内側の筋肉を鍛えることにより、姿勢などもよくなりきれいに見るようになります。

また、血行や代謝もよくなるため、非常にダイエット効果が高いといえるでしょう。

酵素栄養学では、特に推奨していることはありませんが、並行して実施しても特に問題ありません。

⑦引き寄せノート

引き寄せノートとは初めて聞くかもしれませんが、ダイエットだけではなく、年俸50億とも言われるF1レーサーとの結婚も引き寄せノートのおかげ、なんて噂されています。

この方法は、今はなき右脳教育の第一人者、七田眞先生が提唱していた方法です。彼は「1ページノート書き出し法」として紹介していました。この方法とは、夜寝る前にノートの1ページに現在形で夢をかき、寝床に入って夢がかなったとイメージする方法です。

ジェシカさんはノートに現在形で書き続けることは同じでしたが、それをひたすら信じ切れるまで書き続けたそうです。

引き寄せノート

引用元:http://laughy.jp/

簡単に言ってしまえば、自分の理想の姿をノートに書くことで、自分自身を信じ込ませてしまう、ということですね。この方法は「引き寄せの法則」として有名であり、ノートに書くことが重要なのではなく、信じることが重要です。

書いただけで信じられないのでは効果が期待できませんが、信じることで自然と望むものが引き寄せられてくる、ということですね。

もちろん、酵素栄養学では特に言及なしです。

まとめ

道端ジェシカさんのダイエット方法を酵素栄養学の観点から解説してきましたが、非常に多くの施策を行っているため、すべてが酵素ダイエットというわけではありませんでした。

しかし、酵素ダイエットの考え方が取り入れられた方法であり、非常に参考になったのではないでしょうか。

酵素ダイエットのやり方は様々ですが、あなたに合った方法・続けられる方法で実施することが最も大切です。目的に合った、酵素ダイエットプランもご提案しているので、こちらも合わせて参考にしてください。

参考:10kg痩せる酵素ダイエットプラン
参考:酵素ダイエット1ヶ月プラン
参考:酵素ダイエット2週間プラン
参考:長期的に痩せる酵素ダイエットプラン
参考:1週間で痩せる酵素ダイエットプラン