プラセボ効果

酵素ダイエットの効果はプラシーボ(プラセボ)効果なのか、という噂を聞いたことがあるかもしれませんね。

果たして噂の真相はどうなのでしょうか。プラシーボ(プラセボ)効果とは何か、酵素ダイエットはプラシーボ(プラセボ)効果なのか迫っていきたいと思います。

プラシーボ(プラセボ)効果とは

プラシーボ効果とは簡単に言ってしまうと、思い込みの力で理論を超越した現象が起きることです。

プラシーボ効果(プラセボ)とは、薬効成分を含まないプラセボ(偽薬)を薬だと偽って投与された場合、患者の病状が良好に向かってしまうような、治療効果を言う。

引用元:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52120581.html

筆者が過去に聞いた話(たとえ話かもしれません)では、重病の患者に医者が薬だといって「ラムネ」を与え続けたところ、病気が快復した、という話があります。若干都市伝説のような話ですが、現実に起こり得る現象のようです。

酵素ドリンクはプラシーボ効果だという根拠

酵素ドリンクには非常に否定的な見解を持つ方がいらっしゃいます。流行ものの宿命でもあるとは思いますが、何かしら否定派が出てくるのは、それだけ多くの人に認知されている証でもあるでしょう。

また、別の記事でも詳しく解説はしているのですが、酵素ドリンクという名称にもかかわらず「酵素は入っていない(活性状態ではない)」というのが、否定派の心に火をつけやすい商品であることも事実です。

参考:酵素ドリンクには酵素は入っていないのか

酵素ドリンクに酵素が入っていないという事実を論拠に、酵素ドリンク・酵素ダイエットを否定する方が多くいるんですね。

そのような方から見ると、実際に痩せたという事実や口コミ情報というのは「思い込みの効果」であり「プラシーボ効果」だという主張になっています。

(2)プラシーボ効果
 「酵素がダイエットに効く!」という思い込みが、実際の効果として現れる場合があります。これをプラシーボ(偽薬)効果といいます。
 「効果が現れるなら、それでいいじゃないか(・3・)」と思うかもしれませんが、これによる効果が得られる人は恐らく一部でしょうし、これを許容していたら何でもアリになってしまいます。
 科学的根拠に基づく、ある程度確実な方法の普及の障害にしかなりません。

引用元:Yahoo知恵袋

酵素ダイエットには本当に効果がないのか?

当サイトでは酵素栄養学に基づいた理論で酵素ダイエットをお伝えさせていただいております。酵素栄養学の観点から言えば、酵素ダイエットは効果的であると言えます。

しかし、酵素ドリンクをただ飲むだけが酵素ダイエットというわけではありません。また、酵素ダイエットの酵素ドリンクの摂取は酵素ドリンクを飲むことで、酵素を補給するという意味でもありません。

そのため、先のYahoo知恵袋の投稿者様の見解とはかなり食い違いが生じてしまうのが事実です。

酵素栄養学に基づく酵素ダイエット

詳しくは別の記事で酵素ダイエットの基本的な考え方や、目的に合わせた具体的な酵素ダイエットの手順をご紹介しているので、概要だけお伝えしていきます。

参考:酵素ダイエットの3つの手法と2つの共通概念
参考:酵素ファスティングの8つの効果
参考:10kg痩せる酵素ダイエットプラン
参考:酵素ダイエット1ヶ月プラン
参考:酵素ダイエット2週間プラン

酵素栄養学では消化酵素を節約することで、代謝を高めると考えられています。消化酵素が多く働いていると、代謝酵素が働けなくなり結果として代謝を悪くしてしまうという考えです。

潜在酵素の関係性

そのため、酵素ダイエットでは消化酵素を浪費するような食生活をみなすことが根本的な改善施策です。

また、酵素栄養学では人体の生体リズムに沿った食生活を推奨しています。人体の生体リズムは以下の図のような3つに分けられます。

酵素の人体リズム

このように、午前中は排泄、午後は栄養補給、夜は代謝です。このリズムに合わせるために、朝の置き換えダイエットでは「酵素ドリンク」が推奨されています。

酵素ドリンクには食材が発酵されたことで、分解され吸収しやすい栄養素が含まれています。そのため、午前中の排泄の時間帯であっても効率よく栄養摂取が可能です。

また、水分摂取をすることで排泄を促す効果も期待できます。

このように、酵素ドリンクは酵素ダイエットを行う上で効率よく行うための道具として定義されているだけで、酵素ドリンクで酵素を補給するから酵素ダイエットであり、酵素ドリンクが必須だ、というわけではないのです。

プラシーボ効果ではないと言い切れるわけではない

しかし、これらの効果はプラシーボ効果ではないと言い切れる材料というわけではありません。実際に、専門家の間でも体内の酵素や、肥満の仕組みを完全に解明しているわけではないためです。

すべてのダイエット手法について言えることですが、絶対にプラシーボ効果でない、となど言い切れるものではありません。

また、結果としてダイエットに成功しているが、理論は違っていたということも大いにあり得ます。

本当に重要なのは信じれるかどうか

純粋に痩せたいんですよ。
運動とか、無理な食生活改善とか、あんまり頑張らなくてもダイエットできる方法を探してるんです。

サクラに騙されようが、プラシーボ効果だろうがどうでもよくって、酵素ドリンクを飲むことでダイエットする事に意欲が湧いて、ダイエットのアンテナを立てられて毎日の体重計に乗った時に100グラムでも痩せていれば、続けられるんですよ。

ダイエットって基本的に続けられないものですよね。
だからこそ、続けるために何かに依存したいんですよね。

ソコを分かって欲しいなぁ~。って思いますね。

私自身、酵素ダイエットが素晴らしいとかそういうことを言いたいわけじゃないですが、酵素ドリンク飲んで痩せられればソレでいいんですよ。

ヤクルト飲んで痩せられれば、ヤクルト飲むんです。
極論ですがね。

実際に私の周りでも酵素ドリンクを飲んでいる子たちいますけど、ある程度メディアに乗せられてるなんてわかってるんですよね~。

それでも、酵素ドリンクを買ってるのは、痩せたいって思いと、流行とかいろんな要素が組み合わさっているんですよね。

女心、、、、分かってないな~

引用元:Naverまとめ

元は最初と同じYahoo知恵袋なのですが、説得力のあるまとめ方をされていました。

引用させていただいた部分は「消費者の本音」が出ていると感じます。もちろん、すべての人がこの通りだとは言いませんが、結局は痩せられれば嘘でも何でもよいということです、と。

確かにおっしゃる通りで、別に酵素ドリンクを飲みたいわけではなくて、痩せたいんですね。プラシーボ効果でも何でも、痩せれば結果OKです。

となると、ダイエット方法が信じられるかどうか、が重要です。

  • 信じられれば継続するモチベーションにつながる
  • プラシーボ効果も期待できるかもしれない

また、流行しているものに乗るということを否定する方もいらっしゃいますが、流行しているということはそれだけ多くの人に支持されていて、仲間も見つけやすいのです。

一人でやると苦しいダイエットも、同じ仲間がいればモチベーションも上がり相乗効果が得られるかもしれません。

憧れの芸能人が利用していれば、それだけで続けてみたいと感じるかもしれません。

信じて続けられれば、基本的には何でもよいのです。極論ですが。

とはいえより良い商品を選ぶことは重要

酵素ダイエットで選ぶ酵素ドリンクは何でもよい、と感じる方も出てきたかもしれませんが、できることなら現在考えられている理論に基づいた効果が高い酵素ドリンクを選んだ方がよいことは事実です。

もちろん、憧れの芸能人の方がお勧めしている酵素ドリンクの方が信じて続けられるのであれば、そちらを信じてもよいでしょう。

これは、個人の価値観の問題であり、他人がとやかく言う問題ではありません。

ただ、少なくても正しい知識によって天秤にかけることは最低限行った方がよいかと思います。

当サイトの基準に基づいて、酵素ドリンクの選び方というのも解説していますので、あなたの酵素ダイエット・ドリンク選びの一意見として取り入れてみてください。

参考:酵素ドリンクの選び方