ローラ公式画像

画像提供:http://nstimes.com/

綺麗な顔立ちと、天真爛漫な発言・姿が好評なローラさんですが、スタイルも抜群です。

しかし、本人曰く非常に太りやすい体質で、スタイル維持のための努力・ダイエットに余念がないそうです。では、ローラさんのダイエット方法は酵素ダイエットなのでしょうか。

ローラのダイエット方法・スタイル維持方法

ローラさんのダイエット・スタイル維持の努力は並々ならぬものがあります。

ローラさんは実父がバングラデシュ人、実母が日本人とロシア人のクォーターであり、その血のため太りやすいといっています。しかし一方で、外人の方が太りにくいという意見もあります。

驚くことに日本人はアメリカ人よりも太りやすい体質なのです! そのカギとなるのが、“褐色脂肪細胞”。

褐色脂肪細胞は、余分な脂肪を取り込んでボンボン燃やしてくれる、太らない体質には欠かせない働き者。なのに、日本人の約35%は細胞変異によって褐色脂肪細胞が正しく機能しないというのです。

引用元:http://suzie-news.jp/

太りやすい太りにくいというのは個人差がある部分なので、一概に「外人と日本人」という括りだけで比較するのは難しいでしょう。

ローラさんが本当に太りやすいのかは、不明ですがローラさんがどのようなダイエットを行っているのか、確認していきましょう。

  • 週に3回~4回のジム通い
  • ヨガ
  • 腹筋70回(毎日)
  • 朝食は豊富な種類のフルーツ
  • ボクシング
  • ジュースクレンズ

運動を中心に、かなりの努力を行っていることが分かります。これらすべてを真似することは、難しいですね・・・。

ローラさんのダイエットは酵素ダイエットか?

これだけの努力を行っているローラさんのダイエット方法ですが、酵素ダイエットといえる部分はあるのでしょうか。酵素栄養学に基づく、酵素ダイエットと比較してみましょう。

酵素栄養学に基づく酵素ダイエットとは?

ローラさんのダイエット方法が酵素ダイエットであるかどうか、を知るためには酵素ダイエットを理解しなければなりません。

酵素ダイエットとは酵素ドリンクを飲むダイエット方法のことを述べているわけではなく、酵素栄養学の思想に従い、体内の酵素の働きを活性化させるダイエット方法です。

酵素栄養学では体内の酵素を「代謝酵素」「消化酵素」に分け、両者合わせて一定量しか働くことができないと考えられています。

つまり、消化に悪いものを食べて、消化酵素を大量に利用すると、その分代謝酵素が働けずに代謝悪化してしまします。

代謝が悪化すれば糖質がエネルギーに変えられず太ってしまうのです。

潜在酵素の関係性
参考:酵素とは?種類・働き・概要

そのため、消化酵素の節約をすることで、代謝酵素の働きを活発にし、代謝の改善を行うのです。

また、体内の酵素の働きは人体の生体リズムに合わせて行われており、「朝は排泄」「昼は栄養補給」「夜は吸収・代謝」と考えられています。

酵素の人体リズム
参考:酵素とは?種類・働き・概要

朝食はできるだけ排泄を促すもの、消化に良いものの摂取を推奨しています。昼は栄養補給の時間なので、通常の食事の摂取ですが、代謝の時間帯である夜8時前までに、食事を終えることが大切です。

ローラさんのダイエット方法の酵素ダイエットの共通点

酵素ダイエットの基本的な考え方は理解いただけたかと思いますが、どのような点が酵素ダイエットと共通的な考えになっているのでしょうか。確認していきましょう。

①朝食のフルーツの摂取

酵素ダイエットの考え方では、フルーツの摂取は推奨されています。生のフルーツには食物酵素が含まれており、消化酵素を節約になるからです。

食物酵素は体内の酵素とは別で、生の野菜や果実から摂取できるものであり、役割は食物自信の自己消化を促しくれるものになっています。

生のフルーツを摂取することは、食物酵素も一緒に摂取できるため、体内の消化酵素の働きを抑え、消化酵素の節約につながるんですね。

食物酵素の働き

出来れば、生のフルーツをジュース上にした方が消化に優しくなるため、効果が高まるのではないか、とも考えられます。

②ジュースクレンズ

ローラさんは少し食べ過ぎだな、と感じたときにはジュースクレンズを行っているそうです。ジュースクレンズを行った様子は、ローラさんの公式ブログ内でも詳しく書かれていました。

きょうから、3日間、ジュースクレンズをすることにしたよ

最近よるしっかりたべたり甘いものをたべたりすることがおおかったから、週末はすっきりジュースにすることにしたの

デトックス、ヒーリング、再生の効果がでるんだって

がんばるっち!!!

引用元:ローラ公式ブログ

ジュースクレンズの考え方を簡単に述べると「消化にエネルギーを使いすぎているため、消化器官の働きが弱ってしまっている・だから消化器官に負担をかけない栄養補給が必要」といったところです。

ジュースクレンズのやり方は非常にシンプルで「コールドプレスジュースのみを飲み続ける」という手法となっています。ファスティングダイエットと同じと考えて、ほぼOKです。

コールドプレスジュースとは、果実や野菜を低速ジューサーで絞ったもので、低速ジューサーで絞ると野菜や果実に含まれる栄養素が壊れにくい、と考えられています。

つまり、できるだけ栄養分を壊れないように保存したジュースを飲み、栄養補給を行いながら、消化器官を休めて体内デトックス(クレンジング)をしよう、という方法になっています。

参考:ジュースクレンジングとは

この考えですが、酵素ダイエットの考え方に非常によく似ていますね。酵素ダイエットの中でもファスティングは推奨されており、酵素ドリンクを飲むことで栄養補給を行いながら、体内をデトックスさせていきます。

酵素ドリンクは、植物発酵エキスの塊なので、栄養素が発行により分解されており消化酵素の節約・消化器官の休息につながります。

一方、ジュースクレンズの場合は、コールドプレスジュースの摂取のため、食物酵素の補給も可能で、栄養素の消化を助けてくれます。

アプローチ方法が「体に入る前に分解しているか」「体に入ってからの分解を助けるか」の違いだけであり、根本的な考え方は同じといってよいのではないでしょうか。

その他

ここまでご紹介した2点は酵素栄養学に基づく酵素ダイエットの考え方と共通している部分と考えられます。

その他の運動面については、酵素ダイエットとしては特に「何をすべき」ということは語られていませんが、運動を行うこと自体は推奨されています。

例えば、酵素栄養学の第一人者である鶴見隆史著書「酵素が太らない体を作る」の中では、ウォーキングを推奨しています。ダイエット関係の書籍や情報で、運動・ウォーキングを否定するものは少ないと思いますが、可能な限り歩くということは大切なことです。

ローラさんのようにジムに週4回通ったり、ボクシングをしてみたり、ということも有効ではありますが、自分が続けられることから実施することも大切です。

結論:まとめ

ローラさんのダイエット方法のご紹介・酵素栄養学から見た酵素ダイエットとの比較を行いましたが、酵素ダイエットの考え方も取り入れられていることが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

ローラさんは非常に努力を怠らない方なので、すべてを真似することは難しいかと思います。皆さんも自分ができることから、ダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。

目的に合わせた酵素ダイエットプランもご用意しております。

参考:10kg痩せる酵素ダイエットプラン
参考:酵素ダイエット1ヶ月プラン
参考:酵素ダイエット2週間プラン
参考:長期的に痩せる酵素ダイエットプラン
参考:1週間で痩せる酵素ダイエットプラン