スロージューサー

スロージューサーのジュースと酵素ドリンクはどちらがダイエットに優れているのでしょうか。

この両者は非常になた部分があるため、それぞれの特徴を抑えながら比較してみましょう。

酵素ドリンクとスロージューサージュースの類似点

それぞれがダイエットに利用されるという点が似ている点ですね。

  • 酵素ドリンク:酵素ダイエット
  • スロージューサー:ジュースクレンズ

飲料としての酵素ドリンク・スロージューサージュースの比較とともに、ダイエット方法の比較も行うことで違いが見えてくるでしょう。

①酵素ドリンク

まずは酵素ドリンクから見ていきましょう。

酵素ドリンクは多くの方が誤解していますが「酵素補給飲料ではない」です。酵素ドリンクの由来は「酵素ダイエットに利用される飲料」というところから来ています。※諸説あり

では、酵素ドリンクが何者かというと「植物発酵エキス飲料」です。野菜や果実の発酵エキスが詰まった飲料なのです。

【酵素ドリンクの特徴】

  • 野菜や果実の栄養素が豊富
  • 発酵エキスなので栄養素が分解されていて消化に良い

原材料は野菜や果実なので、栄養素に豊富であり、さらに発酵されているため、栄養素が分解され吸収が良いのが特徴です。

参考:酵素・酵母・発酵の違い

酵素ドリンクに酵素が含まれていない理由

酵素ドリンクには酵素が含まれていない、という点に納得がいかない方もいるかと思いますので、簡単に説明します。

  • 酵素ドリンクは清涼飲料水なので高熱殺菌処理が必要
  • 酵素は熱に弱く失活(働かなくなる)してしまう

清涼飲料水は法律により高熱で殺菌することが義務になっています。そのため、植物発酵エキスに酵素が含まれていても、出荷前にすべて失活(働かない状態)しています。

参考:酵素ドリンクには酵素は入っていないのか

②酵素ダイエット

続いて酵素ダイエットです。

酵素ダイエットは酵素ドリンクを飲むダイエット方法ではなく、酵素栄養学に基づいた体内酵素の働きを活性化させて痩せる方法です。

酵素栄養学では体内酵素を「代謝酵素」「消化酵素」に分けており、消化酵素の働き過ぎが代謝酵素の働きを阻害すると考えられています。

潜在酵素の関係性
参考:酵素とは?種類・働き・概要

酵素ダイエットでは、この考えに基づき消化酵素の利用量を極力減らしながら栄養補給することを推奨しています。

ここまで理解すると、酵素ドリンクが酵素ダイエットに用いられる理由がよくわかるのではないでしょうか。酵素ドリンクは植物発酵エキスという栄養素は高いが、消化酵素の消費が少ない飲料なので、酵素ダイエットに適しているといえるのですね。

酵素ダイエットに用いられる手法

酵素ダイエットの基本的な概念はご理解いただけたと思いますが、具体的な手法も知っておきましょう。

【酵素ダイエットの2つの手段】

  • プチ断食(ファスティングダイエット)
  • 朝食置き換えダイエット

この2つが酵素ダイエットでは推奨されます。

どちらの方法も、消化酵素や消化器官を休ませることにより、代謝改善だけではなく体内デトックス効果が期待できます。

参考:酵素ファスティングの8つの効果

プチ断食はもちろんのこと、朝食の置き換えも断食のようなものです。夜から昼まで消化酵素や消化器官に負担をかけないことになるので、デトックス効果も高いと考えられているのです。

③スロージューサージュースのジュース

酵素ドリンク・酵素ダイエットについてはイメージがつかめたと思いますが、次はスロージューサーについてです。

スロージューサーで作られたジュースは「コールドプレスジュース」といわれます。

【スロージューサー(コールドプレス)ジュースの特徴】

  • 野菜や果実の栄養素が豊富である
  • 低速で野菜や果実をすり潰しているので栄養素が壊れにくい

スロージューサーはミキサーと違い「低速ですり潰してジュースにすること」が特徴です。ミキサーのような高速の機械でジュースにすると、摩擦熱などで栄養素が壊れてしまうので、スロージューサーが良いといわれています。

家庭用のスロージューサーはもちろんのこと、スロージューサーで作られたジュースを専門に取り扱う店舗も、都心部を中心に増えてきています。一部店舗では、通販での販売も行っていますが、基本的には家で作るか、店舗で購入するかしかありません。

④ジュースクレンズ

ジュースクレンズは読んで字のごとく「ジュースで体を洗浄(クレンズ)する」という意味で付けれています。アメリカ発祥の考え方であり、セレブの間で流行している、といわれ日本にも上陸しました。

まずは、ジュースクレンズの基本的な考え方はどのようなものか、理解しておきましょう。

【ジュースクレンズの基本思想】

  • 人間は消化にエネルギーの40%を費やしている
  • ジュースで栄養を取ることで消化にエネルギーを費やさなくてよくなる
  • 消化に使っていたエネルギーが他の臓器で使われてデトックス効果を生む

私たちの体は、消化に最もエネルギーを使っているため、消化に良いもの、つまりジュースで栄養補給することでエネルギーが他に回り、デトックス効果や代謝改善効果を生む、という考え方です。

ジュースクレンズの具体的な手法

ではジュースクレンズの具体的な実施方法を確認してみましょう。

【ジュースクレンズの具体的なやり方】

  • コールドプレスジュースのみで1日~1週間過ごす
  • 水分は摂取可能

これを見てお分かりだと思いますが、プチ断食(ファスティング)を行うということです。ファスティング中に摂取するのがスロージューサーで作られたジュースとなり、栄養はジュースから摂取することになります。

両者の違いは?

両者を確認してみると、その違いはあまりないと感じるのではないでしょうか。

【酵素ドリンクとスロージューサーで作られたジュースの共通点】

  • 消化に良く栄養補給に優れている

【酵素ドリンクとスロージューサーで作られたジュースの相違点】

  • 作り方が「発酵」か「低速で絞るか」の違い

ではどちらが優れているのかというと、非常に判断が難しいでしょう。発酵は栄養を分解して細かくしてくれるので吸収性を良くしてくれます。スロージューサーは、栄養素を自然の状態で摂取できます。

どちらが良いかは好み次第、となるかと思います。どちらでも、体にとって良いことには変わりないでしょう。

手間と値段の違い

ただ、手間や値段の面では差があるといえるでしょう。

【酵素ドリンク】

  • 1杯150円程度~
  • 通販で購入可能
  • 家庭で作るのは衛生面から非推奨

【スロージューサーのジュース】

  • 1杯1,000円~
  • 通販で購入はあまりない(冷凍販売はあり)
  • スロージューサー購入で家庭でも作ることが可能

まとめ

酵素ドリンクとスロージューサーの両者を比較してきましたが参考になったでしょうか。最終的な判断はあなた次第ですし、好みの問題もあるかもしれません。

もし、あなたが酵素ドリンクの方に興味があるのなら、酵素ドリンクは様々なので商品選択方法を学んでみると、見解が広がるかもしれません。

参考:酵素ドリンクの選び方!たった2つのチェックポイント!