野菜ジュース

酵素ドリンクの方が野菜ジュースよりも優れている、という見解をよく目にしますが、果たして本当なのでしょうか。

噂の真相・真実に迫りたいと思います。

酵素ドリンクの方が野菜ジュースより優れているという見解

インターネット上では以下のような見解が出ています。

野菜ジュースとは、野菜を原料として作られているジュースのこと。そこに砂糖や食塩などの添加物がたっぷり配合されて味を調えている事も少なくありませんし、野菜ジュースの製造過程で酵素やビタミン類などは破壊されてしまう事も少なくありません。しかし、野菜が主原料になっていることも多い酵素ドリンクは、原料に含まれている酵素を破壊しないような製造方法で作られているので、野菜に含まれている栄養素を逃がすことなく摂取することができます。栄養価で野菜系ドリンクを選ぶなら、間違いなく酵素飲料がおススメです。

出典:http://www.lightspeedchampion.com/trivia/chigai.html

断食中は、固形物を食べることが出来ません。
代わりに飲むのですが、それに酵素液や酵素ドリンクを用いるのには意味があるのです。

このように消化吸収の良い豊富な栄養素を、食事の代わりに飲むと、消化の負担を抑えるので、内臓を休ませてくれます。
それだけだったら、野菜ジュースでもいいかもしれません。

中略

空腹はどうして感じるのかというと、空腹という文字とは違い、お腹に食べ物があるかないかはあまり関係ありません。
空腹は体の栄養不足を脳が感じている状態です。
つまり、ある程度食べても栄養のバランスが偏っているとなんとなくお腹が空いてしまったり、 特定の物が食べたくなると言ったことが起こります。

しかし、必要な栄養をバランスよくきちんと食べていれば、少量でも満足することが可能なはずなのです。
酵素液や酵素ドリンクは豊富な材料で作られ、濃縮されています。
体に必要なビタミンやミネラルを吸収の良い状態でたっぷり補うので、栄養不足による空腹を感じにくいと言われています。

出典:http://xn--ecki4eoz5532fvk8ay87ab7n.jp/drink.html

これらの見解をまとめてみましょう。

  • 酵素ドリンクの方が栄養価が高い
  • 酵素ドリンクの方が栄養バランスが良く空腹になりにくい

果たして、これらの見解は真実なのでしょうか。それぞれ、確認していきましょう。

①野菜ジュースより酵素ドリンクの方が栄養価が高い?

野菜ジュースおよび酵素ドリンクといっても、様々な商品があるので、一概に答えは出せません。

その前に、野菜ジュースについては、添加物が大量だ、という見解も見えましたが、商品により異なります。酵素ドリンクには添加物が入っていないかのような見解も見られましたが、酵素ドリンクにも添加物が含まれている商品があるので注意しましょう。

参考:健康に良い(無添加)酵素ドリンク

ただし、酵素ドリンクの方が野菜ジュースよりも栄養価が高い傾向はある、といえるかもしれません。

【野菜ジュースと酵素ドリンクの違い】

  • 野菜ジュースは野菜を混ぜただけ
  • 酵素ドリンクは数多くの野菜や果実を発酵させている

語弊があることを承知で、平たく言ってしまえば、野菜ジュースはただ野菜を混ぜてジュース状にしただけですが、酵素ドリンクは発酵させ熟成させているところが大きな違いです。

酵素ドリンクの作り方:発酵について

発酵は酵素と微生物の力で有機物(栄養素など)を分解(消化)したり、新たな物質を生み出すことです。発酵により生成されたものは、数多く私たちの周りにありますが、例えばお酒もその一つです。

【発酵の例:ワイン】
酵母の働
参考:酵素・酵母・発酵の違い

ブドウの果汁に含まれる糖質が、アルコールに変わることでワインが出来上がります。

酵素ドリンクの場合は、アルコール飲料ではないので、ワインの例とは少し違いますが、発酵により原材料から新たな物質が生まれる一つの例です。酵素ドリンクは長時間熟成されたことによる、栄養素やうまみ成分を摂取することが可能になります。

野菜ジュースの作り方

市販の野菜ジュースの場合、飲んでみれば分かりますが、野菜を絞っただけでは出せない味になっている、と感じる方も多いのではないでしょうか。そのため、野菜ジュースは添加物が大量である、という見解がインターネット上に流れてしまうのだと感じています。

しかし、よく考えてみてください。野菜ジュースを販売しているメーカーは非常に有名な企業が多いのではないでしょうか。このような大手企業が「無添加」と記載した商品に「添加物を入れる」という暴挙に出るでしょうか。

では、何故野菜ジュースは、おいしくできているのか、それは企業努力です。

【野菜ジュースがおいしくできる理由】

  • 野菜ジュース用の専用野菜を開発している
  • 野菜に含まれる糖質で味を調整している
  • 濃縮方法が特殊である

無添加と書いてある商品に限れば、砂糖を使っていることはなく、専用の野菜を開発し野菜の糖質で味の調整を行っています。また、濃縮方法も特殊であり、家庭のミキサーで作るような野菜ジュースとはかけ離れた方法でエキスを抽出しています。

詳しい製法についての解説は行いませんが、興味のある方はカゴメのサイトを確認してみてください。

参考:カゴメ株式会社 野菜ジュースの製法

②酵素ドリンクの方が栄養バランスが良く空腹になりにくい?

野菜ジュースよりも酵素ドリンクの方が栄養バランスが良いという見解も出ていました。これも、商品により千差万別ですが、確かにバランスが良いということはあり得るかもしれません。

【原料種別】

  • 酵素ドリンク:10~200種類など
  • 野菜ジュース:多くても10種類程度

もちろん、原材料の種類が豊富なことが必ずしもよい、というわけではありません。種類が多ければ、その分同じ量に含まれる原材料の成分量が減りますし、どれくらいの割合で使われているのか、知る術はありません。

とはいえ、原材料の種類が多い方が「バランス」という点では整いやすいのは事実でしょう。酵素ドリンクも野菜ジュースも健康食品として、栄養バランスを考えてた配合にはなっていますが、整えやすいのは酵素ドリンクであるといってよいと思います。

栄養バランスと満腹感の関係

栄養バランスが整っていると、満腹感を得やすいという見解がありましたが、これは誤りといってよいでしょう。確かに、人が満腹と感じるのは「お腹にものがいっぱい入っているから」ではなく「脳がお腹いっぱいと感じたから」です。

早食いの方は食事量が増える、という話を聞いたことがあると思いますが、これは「脳が満腹と感じる前にお腹に食事を詰め込んでいるから」です。満腹中枢という信号で、お腹一杯かどうかのサインを出していますが、食べ始めてから10分程度で発信されるといわれています。

では、脳が満腹と感じるのに、何が作用しているかというと大きなところは「血糖」です。血糖が流入してくると食事を摂取していると脳が判断し、信号を送ります。

血糖とは糖類(炭水化物など)が増えれば増えるものなので、もしも野菜ジュースよりも酵素ドリンクの方が満腹になりやすい、というのであれば、それは糖類が多いから、ということになるでしょう。

ちなみに、糖類の量はカロリーにある程度紐づいた値なので、糖類が多いかどうかはカロリーを見て判断すれば、個別の商品の違いは判るはずです。

まとめ・真相

それでは、これまでの内容をまとめて終わりたいと思います。

  • 野菜ジュースと酵素ドリンクは発酵の有無が大きな違い
  • 発酵している酵素ドリンクの方が栄養価が高い可能性はある
  • 原材料種類は酵素ドリンクの方が多いため栄養バランスも整っている可能性はある
  • ただし満腹感は商品に含まれる糖類に依存する可能性が高い