メタボリック イーストエンザイムダイエットビューティ

メタボリック イーストエンザイムダイエットは活性型の酵素を補給できるサプリとして人気のサプリですね。

口コミ評判や、その実力はどれほどのものなのでしょうか。

メタボリック イーストエンザイムダイエットの口コミは?

まずは、メタボリック イーストエンザイムダイエットの口コミ情報を確認してみましょう。

【口コミ情報】

  • 小粒でニオイもなくとても飲みやすいサプリメント
  • 飲み始めて1週間、代謝が上がったのか汗をかきやすくなりました
  • 食べた後などに今まで以上に汗をかきやすくなったような気がします
  • 夜のオヤツを食べても現状維持
  • 少し嫌なニオイがあります
  • 若干便通に効果有りな気がします
  • 酵素のサプリというとカプセル型を想像しますが、こちらは錠剤タイプ
  • ダイエットに効果があるかどうかといわれると多分私にはなかったです
  • 毎朝、これを2粒飲むと夕方には自然な感じのお通じがあります

全体的には高評価が多いですね。まずサプリとして小粒で飲みやすいというのを評価する意見が多く見られました。また、汗をかきやすくなったり、便秘に効果があった・・・ような気がする、という意見も多かったです。

皆さん、何となく効果があるのではないか、という半信半疑で飲んでいるような印象ですね。中には効果がなかった、という人もいますが、効果ありと答えている人の方が多めに見えます。

メタボリック イーストエンザイムダイエットの効果・原材料は?

原材料

口コミの評価は上々でしたが、実際に原材料や成分表から、どのような効果が期待できるのか、確認していきましょう。

【原材料・成分表】

植物発酵エキス末(デキストリン、甜菜糖、黒砂糖、麦芽糖、よもぎ、ウコン、ドクダミ、キダチアロエ、高麗人参、ショウブ葉、オトギリ草、クマザサ、タンポポの根、霊芝、アマチャヅル、トチュウの葉、オオバコ、甘草、松葉、南天の葉、アマドコロ、ツユ草、ツルナ、マカ、トンカットアリ、ハブ草、ハト麦、スギナ、ビワ葉、羅漢果、クコの実、レンセンソウ、桃の葉、イチョウ葉、ニンドウの茎・ツル、イチジクの葉、ベニバナ、エゾウコギ、エンメイ草、モロヘイヤ、セッコツボク、アカメガシワ、クコの葉、柿の葉、カミツレ、カリン、紫蘇葉、桑の葉、メグスリの木、田七人参、キキョウの根、ナツメ、マタタビ、エビス草の種子、紅参、アガリクス、ルイボス、アムラの実、アザミ根、サラシア、キャッツクロー、梅、金柑、イチジクの実、ミカン、パイナップル、リンゴ、グレープ、メロン、レモン、グレープフルーツ、杏、トウガラシ、生姜、椎茸、人参、玉ねぎ、パセリ、キャベツ、ごぼう、もやし、にんにく、昆布、ふのり、大豆、コリアンダー、ピーマン、山芋、ほうれん草、いんげん豆、百合の根、黒豆、アスパラガス、にら、せり、れんこん、きくらげ、マンゴー、レイシ、パパイヤ、梨、バナナ、ビワの実、グァバ、スターフルーツ、レンブ、パッションフルーツ、リュウガン、スイカズラの花、ハイビスカス、こうぞりな、やまたばこ、抹茶)、酵母ペプチド、キダチアロエエキス末、還元麦芽糖、穀物発酵エキス末(小麦を含む)、結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、セラック、カルナウバロウ

メタボリック イーストエンザイムダイエットは食物発酵エキス末が最初に書かれているため、最も多く含まれていることが分かります。食物発酵エキスとは「酵素ドリンク」のことなので、酵素ドリンクを粉末状にして配合していることが分かりますね。

ただし、還元麦芽糖、結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、セラック、カルナウバロウなどの添加物も配合されています。これらの添加物は、味の調整、カプセル化、乾燥防止剤などとして利用されています。特にステアリン酸Caは危険性を指摘する声も一部では聞こえます。

とはいえ、食品添加物がすべて危険だというわけではないので、注意しましょう。

参考:食品添加物とは?危険性はあるのか?

メタボリック イーストエンザイムダイエットの疑問点・注意点

注意点

ここで注意したいのが、植物発酵エキスを粉末状にしている、ということです。植物発酵エキス=酵素というような表記をしている商品が多いのですが、残念ながらそういうわけではありません。

植物発酵エキスは確かに酵素を含んでいる場合もありますが、酵素は熱に弱く粉末状に加工する際に、失活(働かない状態)になっていると考えられます。失活した酵素は、ただのタンパクであり、酵素としての働きはないので注意しましょう。

もちろん、酵母菌が入っている場合は一部の酵母から酵素を作り出す場合もありますが、それでもその数は少ないと考えられますね。もしも、酵素補給を行いたいのであれば「生」タイプの酵素サプリを購入した方がよいと思います。

参考:生酵素サプリランキング

メタボリック イーストエンザイムダイエットのLPの疑問点

メタボリック イーストエンザイムダイエットにはLP(宣伝ページ)の疑問点を少しだけご説明していきます。

活性型酵素

販売サイトでは、メタボリック イーストエンザイムダイエットには「活性型酵素」が含まれている、といった表記がありますが、活性型酵素とは何を指しているのかが不明です。

酵素が活性状態で入っている、といいたいのかもしれませんが、先の指摘の通り粉末状にしている工程で、熱処理をしていると考えられるので、酵素が活性状態で入っているとは考えにくいです。

また、宣伝ページでは以下のように書かれています。

よもぎ・生姜など厳選した、野草・和漢食品100種類以上を組み合せ、乳酸菌、酵母菌、麹菌を使用し発酵して作られた「野草入り植物発酵エキス」に活性型酵素をプラスした「野草+活性型酵素」。「活性型酵素」で効率よく栄養として「野草入り植物発酵エキス」を体内に取り入れ、コンディションを整え、キレイをサポートします。

この文言だけでは、意図がよくわからないのですが、活性型酵素を発酵工程でプラスしている、のでしょうか。少なくても、原材料には植物発酵エキスと酵母ペプチドなどし書かれていないので、特別に酵素を配合しているとは考えにくいですね。

メタボリック イーストエンザイムダイエットは悪い商品?

悩んでいる
メタボリック イーストエンザイムダイエットを酷評しているように見えたかもしれませんが、決して酷評しているわけではありません。あくまでも、酵素補給という意味では、疑問があるとは述べていますが、その他の原材料面やサプリとしての効果は問題ないと思います。

つまり、食物の豊富な栄養素を補給することが可能なサプリであるということです。そういった意味では、非常に優れている商品といえるでしょう。

また、酵素自体を補給することには大きな意味はありません。食物から補給できる酵素の役割は消化を助ける役割だけであり、それ以上でもそれ以下でもありませんからね。

参考:酵素とは?種類・働き・概要

酵素ダイエットは酵素を補給することに意味があるのではなく、体内の消化酵素の働きを低く抑えてあげる必要がある、という考え方です。酵素自体を補給してもよいですが、消化に優しい栄養を補給することでも酵素ダイエットは可能です。

参考:酵素ダイエットで痩せるメカニズムとは?

まとめ

メタボリック イーストエンザイムダイエットについて詳しく解説してきましたが参考になったでしょうか。酵素補給という意味では、適さない商品だと思いますが、栄養補助としては良い商品といえるでしょう。

もしも、酵素補給を行いたいのであれば、生酵素サプリを検討してみるのが良いと思いますので、参考にしてみてください。

酵素補給サプリをお探しの方へ!生酵素サプリランキング