コレステロール

コレステロールが高いから何とかしないと体のために良くないな、と思いながらもどうすればいいのか悩んでいませんか?

コレステロールは確かに問題視される場面が多いですが、酵素サプリで実は解消できる?

コレステロールの影響とは?

コレステロールは悪というイメージがあるかもしれませんが、そもそもコレステロールって何者なのか、詳しく知らないですよね?

実は意外な事実もあるんですよ。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違い

違い
コレステロールには善玉と悪玉があります。

コレステロールは悪だと思っているかもしれませんが、実は体にとって良い効果を発揮するものもあるんです。

【特徴】

  • 善玉(HDL):コレステロールを体内から取り除く
  • 悪玉(LDL):コレステロールを体内に供給する

善玉と悪玉は体内にコレステロールを運ぶのか、取り除くのかの違いです。

ただ、勘違いしてはいけないのがコレステロール自体は体内に必要なもので、「ホルモンの合成」「胆汁酸の作成」などに使われます。

そんな体に必要なものが、何故悪の根源といわれているかというと普段の食事で過剰摂取してしまい、体の中に溜まりやすくなっているからです。不要なコレステロールは血管内で酸化して過酸化脂質となり、血管を詰まらせる原因になってしまうんです。

血管が詰まれば血流は悪くなるので、血行不良を引き起こし肥満の原因になりますし、もっとひどければ動脈硬化や心筋梗塞の原因にもなってしまいます。

コレステロールと中性脂肪

中性脂肪

コレステロールと中性脂肪には相関関係があるといわれています。コレステロールも中性脂肪も大きな括りでは「脂質」に分類されることが関係しているのかもしれません。

【関係性】

  • 中性脂肪が多いと善玉コレステロールが減る
  • 中性脂肪が多いと悪玉コレステロールが増える

つまり、中性脂肪が多ければ多いほど悪玉コレステロールが反映し、体内はコレステロール過多になりやすくなってしまうんです。

コレステロール値が高くなる原因

コレステロール
コレステロールが高くなる原因はほとんどの場合が食事です。いわゆる「太りやすい食事」を想像すると、そのほとんどがコレステロールを高くする原因になります。

【コレステロールが高くなる食】

  • レバー類
  • 魚類
  • マヨネーズ
  • チーズ
  • ケーキなどのクリーム

コレステロールが気になる場合は、これらの食品は摂取しない方がよいですね。

じゃあ、どれくらいの摂取量ならいいのか気になるな・・・と思ったとしても、実は2015年から厚生労働省はコレステロール摂取量の制限量を撤廃してしまいました。そのため、明確な摂取量基準がないのが現状です。

撤廃された理由は、食品からコレステロールを摂取しても体内のコレステロール値が上がるという科学的な根拠がないということです。

とはいえ、摂取量に注意した方がよいのは事実で、500mg~600mgが目安といわれています。卵だと大体150gなので3個程度といったところです。

コレステロールと酵素

本題のコレステロールと酵素の関係です。コレステロールを落とすのに酵素を撮れば効果的なのかが気になりますよね?

コレステロールは酵素で分解される?

分解
最初に結論を言うと酵素でコレステロールは分解されます。リパーゼという酵素が脂質の分解を行ってくれるため、コレステロール分解にも効果があるということです。

じゃあ、リパーゼはどんな食品に含まれているのでしょうか。

【リパーゼを含む食品】

  • アボガド
  • イチゴ
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • スイカ
  • トウモロコシ
  • ほうれん草
  • カリフラワー
  • キュウリ
  • 大根
  • 人参

端的にいうと野菜や果実には数多くのリパーゼを含んでいるということになります。ベジファースト(野菜を先に食べる)と脂肪の吸収を抑えるといわれている理由の一つがリパーゼといえますね。

コレステロールを下げるサプリ

サプリ
コレステロールを下げるをテーマにしたサプリがいろいろ販売されています。コレステロールを下げるをテーマにしたサプリにはどんな成分が含まれているのでしょうか。

【含まれている成分】

  • DHA・EPA
  • 納豆キナーゼ

聞き覚えのある成分もない成分もありますね。なんでコレステロール低下に効果的なのでしょうか。

DHA・EPAがコレステロールに与える影響

DHA・EPA自体がコレステロールを下げる効果がある・・・という意見と、実は全く効果がないという意見の両方があります。調査したところ、どちらの意見が優勢かというとDHA・EPAには効果がないという見解の方が強そうです。

その理由は、DHA・EPAでコレステロールが下がるという科学的根拠が示されているものがない、というわけですね。

ただし、全く効果ないものなのかは断言することができないの事実です。

DHA・EPAにはコレステロールが下がるという売り文句以外にも、いわゆる「血液がサラサラになる」という売り文句も常とう句として使われています。

「血液がサラサラ」というコピーが広まることにも一応頷けるのだが(現にその通りである)(1)、一方で、少々話を端折りすぎているようにも見受けられ、そういう意味での疑問を投げかけることはできるだろう。「血栓ができにくくなること」と「血液がサラサラであることが良いこと」は“意味的に”微妙にニュアンスに違いがあり⁶、DHA・EPAには血液を“固まらせにくくする”作用があるとしたほうがより精確だといえる

出典:明治大学科学コミュニケーション研究所

明治大学の見解では血液がサラサラになるは誤りではないが、正確には「血栓ができにくくなる」ということであり、正確性に疑問が残ると言われていますね。

血栓とは血管のつまりのことであり、血液自体がサラサラどうかを表しているわけではありません。血栓ができると血液の通り道に邪魔ができるので、血行不良になりやすくなりますが、血液自体がドロドロになるわけじゃないからです。

これらの見解を踏まえると、DHA・EPAはコレステロール低下の可能性はあるが、絶対とは言い切れない、というのが現時点の見解だと思います。

納豆キナーゼがコレステロールに与える影響

納豆キナーゼの効果も実はDHA・EPAの効果と同じで血栓を作りにくくする効果と考えられています。そのため、DHA・EPAと同じことがいえそうですね。

酵素との比較

比較
酵素・DHA・EPA・納豆キナーゼのそれぞれのコレステロールに対する効果を説明してきましたが、どれが一番効果的といえるのでしょうか。

【比較】

  • 酵素:コレステロールの分解に期待できる
  • DHA・EPA:血栓を減らすことに期待できる
  • 納豆キナーゼ:血栓を減らすことに期待できる

純粋にコレステロールの分解を期待するなら酵素を摂取するのが有効といえそうです。コレステロールだけでなく血液がドロドロで高血圧で悩んでいるというなら、DHA・EPA・納豆キナーゼの方が有効といえるでしょうね。

もう少し簡単にいうとこうなるかもしれません。

  • ダイエット:酵素
  • 健康:DHA・EPA・納豆キナーゼ

少し偏り過ぎかもしれませんけどね。

コレステロールを下げる酵素サプリの飲み方

酵素サプリ
コレステロールが心配で酵素サプリを飲みたいと考えているなら効果的な飲み方も覚えておきたいですね。といっても、とても簡単な方法なので、心配しないでください。

【飲み方】

  • 食事の直前に飲む
  • 水と一緒に飲む

これだけです。大事なのはタイミングで、食事の直前が最も効果的ですね。

酵素の効果はあくまでも消化(分解)なので、食品がお腹に入った時に最大限の効果を発揮します。特に脂っこいものを食べる直前には必ず飲みたいです。

まとめ

酵素サプリとコレステロールの関係性について、他のサプリとの比較も交えてお伝えしてきました参考になったでしょうか。効果的に酵素を飲みたいなという人は、どんなサプリがあるのか、どう選ぶのが良いのかも確認してみましょう。

参考:生酵素サプリの選び方とランキング