消化不良
食べ過ぎると胃がもたれる、普段の食事の消化が悪い気がする、そんな悩みを何とか解決できないかと考えて酵素サプリが気になっていませんか?

本当に酵素サプリが消化不良に効果的なのか、詳しく解説していきましょう。

酵素サプリの消化不良への効果は?

現在販売されている酵素サプリの大半は「植物から摂取できる食物酵素」を補給することができるサプリです。

酵素サプリに配合されている成分は「野菜や果実を長期間熟成発酵させたもの」であるため、野菜や果実が持つ食物酵素と野菜や果実が発酵によりできた低分子の栄養を補給できます。

では、酵素サプリを補給することで、どんな効果があるのでしょうか。

【食物酵素の効果】

  • 食品の自己消化を行う
  • 野菜や果実の栄養を消化吸収よく摂取することができる

食物酵素の役割は食品の自己消化を行うことです。食物酵素と体内で作られる消化酵素は別物とされていますが、役割はほぼ一緒で「消化の手助けをすること」なんですね。

ちなみに、酵素栄養学の考え方では、体内の消化酵素の利用量を減らすことが代謝酵素活性化につながると考えられているため、ダイエットにも効果的と考えられているんですよ。代謝酵素が活性化されれば、代謝が良くなって痩せやすくなりますからね。

食物酵素の働き

また、酵素サプリには消化酵素を補給できるだけでなく、原材料となった野菜や果実の栄養素を補給することが可能です。発酵という工程を経ているため、栄養素が分解されて低分子化され、体に吸収されやすい状態になっているのも特徴ですね。

酵素サプリを選ぶポイント

ポイント
酵素サプリが消化に効果的なのはお分かりいただけたと思いますが、実は効果のあるサプリと効果のないサプリがあります。

【効果のあるサプリとないサプリ】

  • 効果のあるサプリ:「生」タイプの非加熱サプリ
  • 効果のないサプリ:粉末利用の過熱したサプリ

酵素サプリには「生」とつく商品とつかない商品があるのをご存知でしょうか。

実は生とつくかつかないかで大きな差があり、生とつかないサプリだと「食物酵素補給ができない」サプリになってしまいます。

何故なら、酵素は熱に弱いという特性があるため、粉末状にしてカプセル化したサプリの場合、熟成発酵させた抽出物を熱で乾かして粉末にして酵素を破壊してしまっているからです。

酵素の働く温度

一方で、「生」とつくサプリの場合は、熟成発酵させたエキスを自然乾燥でペースト状にしてカプセル化したりしているので、熱によって酵素が壊れていません。

そのため、食物酵素の補給が可能で、消化不良に効果的なサプリとして利用することができるのです。

酵素サプリを飲む危険性・副作用は?

危険性
いくら消化不良に効果的なサプリだといっても、その代わりに副作用や危険性があったのでは飲みたくありませんよね?

ただ、安心してもらっていいのが、酵素サプリを飲むにあたって危険性というのは原則ないです。

酵素サプリ自体は野菜や果実を利用している商品であり、変なものは使っていないんです。とはいえ、利用している原材料に対するアレルギーの可能性はあるので、絶対ではありません。

アレルギーの可能性がある原材料は、原材料欄に記載されているので、購入前に確認しておくことをお勧めします。

酵素サプリの効果的飲み方

酵素サプリ
酵素サプリが消化を手助けするので消化不良に効果的といっても、飲み方によってその効果は変わってきます。

では、いつ飲むのが良いのかというと「食事の直前」に飲むことです。食事がすぐに胃に入ってくるので食物酵素が消化を助けてくれるので、消化不良が悩みで酵素サプリを始めたい人にはうってつけの飲み方です。

しかし一方で、食事前に酵素サプリを飲むことで胃が荒れるという場合もあります。

酵素サプリが胃の中に入ることで、胃液が分泌されるのに、胃の中に食事がないので意を傷つけてしまう、という可能性があるんですね。

胃液に対する耐性は個人差がある部分なので、人によりますが、食前に酵素サプリを飲んで胃が荒れるな、と感じる人は食後や食事中に酵素サプリを飲みましょう。

まとめ

酵素サプリの基本的な効果が消化を助けることなので、消化不良に悩んでいる方には効果的だといえるでしょう。ただ、注意したいのが「生」タイプの酵素サプリを選ぶことです。

参考:生酵素サプリランキング