酵素サプリ

酵素サプリや生酵素サプリというものがダイエットサプリとして人気を集めていますが、いったいどんな効果があるのでしょうか。詳しく解説していきます。

生酵素・酵素サプリとは?

生酵素サプリ・酵素サプリとはいったい何者なのでしょうか。実は酵素サプリといっても、生酵素サプリと酵素サプリでは少し作り方が違います。

【生酵素サプリ・酵素サプリの特徴】

  • 酵素サプリ:植物発酵エキス成分を抽出・加工してカプセル化したもの
  • 生酵素サプリ:植物発酵エキスをペースト状にしてカプセル化したもの

実は酵素サプリ・生酵素サプリは酵素ドリンクの作り方と似ています。どちらも植物発酵エキスを使って作られるものだからですね。両者の特徴として、発酵により細かく分解された豊富な栄養を手軽に補給できる点がメリットいえるでしょう。

参考:酵素ドリンクで痩せるメカニズム・酵素ダイエットとは?

では、酵素サプリと生酵素サプリでは、どんなところに差があるのでしょうか。特徴だけでは分かりにくいかもしれませんね。

酵素サプリと生酵素サプリの違い

違い

酵素サプリで摂取できる酵素は基本的に「食物酵素」といわれる、野菜や果実に含まれている酵素が主です。体内で生成される酵素とは基本的には別物なんですよ。

参考:酵素とは?酵素栄養学的見解!

食物酵素の主な働きは消化を助けること、つまり体内の消化酵素の働きと似ている、といわれています。

ただ、食物酵素には一つ重大な欠点があります。それは「熱に弱い」ということです。酵素は様々な種類があるため、すべてが熱に弱いと言い切れるわけではありませんが、大半の酵素は熱に弱く体内に酵素を摂取するには、できるだけ加熱してはいけないといわれています。

そのため「酵素サプリ」の場合、サプリメントとして加工するときに、酵素が破壊されていることもあるんです。サプリとしてパウダー状にするときに、加工熱が必要になってしまうからですね。

一方、生酵素サプリの場合は低温で乾燥させることにより、植物発酵エキスをペースト状にしているため、熱を加えることがなく、酵素が活きた(活性)状態で摂取できる、というメリットがあります。

生酵素サプリ・酵素サプリの効果とは?

効果

酵素サプリと生酵素サプリの違いがなんとなく分かったと思いますが、どんな効果があるものなのでしょうか。

【生酵素サプリと酵素サプリの効果】

  • 酵素サプリ:豊富な食物の栄養補給・酵母菌の補給など
  • 生酵素サプリ:酵素サプリの効果にプラスして「食物酵素」を補給できる効果

酵素サプリは、最初に説明した通り豊富な野菜や果実を利用した植物発酵エキスからできているので、栄養補給補給効果が非常に高いサプリといえます。また、植物発酵エキスの栄養だけでなく、酵母菌や乳酸菌などの体に良い菌が配合されている場合もあり、整腸作用が高いものも販売されています。

では、生酵素サプリはどうかというと、酵素サプリにプラスして「酵素」を補給する効果が期待できます。酵素を補給できると、消化を助けてくれるため、食べ物の消化が非常にスムーズになるんですよ。

特に、酵素栄養学では食物酵素を食事の直前に摂取することで、食事の消化をスムーズにすることが、ダイエットにつながると考えられているため、生酵素サプリは酵素ダイエットの考え方に非常に適したサプリといえると思います。

消化をスムーズにすると体内の代謝酵素が活性化し、代謝が良くなると考えられているからですね。

食物酵素の働き

ご覧いただいた図の通り、酵素を補給することで、体内の消化酵素の働きを抑えることができ、そのことが代謝酵素の活性化につながると考えられているんです。

生酵素サプリを飲むときの注意

生酵素サプリは説明した通り、酵素補給が可能ですが、酵素補給はあくまでも「消化の助け」にしかなりません。そのため、消化を助けられるタイミングで飲まないとあまり意味がなくなってしまいますね。

具体的には「食前」に酵素サプリを飲むことで、食事の消化を助けてくれます。逆に食前以外だと、酵素を補給する意味は全くなくなってしまうので、注意しましょうね。

まとめ

酵素と名の付く商品は様々ですが、酵素サプリと生酵素サプリは非常に紛らわしく、違いが分からない方も多かったのではないでしょうか。基本的には、生酵素サプリは酵素を補給できるが、酵素サプリは酵素補給はできない、と考えると分かりやすいかと思います。

生酵素サプリランキング